雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

何かある時こそ応用

昨夜から、追加での2011年の運勢依頼を沢山いただき、
原稿書きも少し滞った上に、夕方には電話が携帯+Skype+家電と3つ鳴り、
あたふたしていたら、母が緊急入院したとの知らせも追加 :bafun:

しかし、本日も落ち着いてすべきことを済ませていこうと決意。
集中できないとか言ってたら仕事とは言えませんし :fun:
母の入院は長引くようで、慌てて駆けつけたら勘ぐるので来ないで!
ということで、プレッシャーに負けまいと頑張ってます。

でも、こんなときに下の引用を思い出せた自分は偉い(笑)。

いかにして(略) P.43
確かにある生活状況においては、わずかな瞬間でも内的平静を確保するには大きな力を必要とするであろう。しかし必要とする力が大きければ大きいほど、達成される事柄の意味も大きい。

だよね、だよね(^.^)
ここが踏ん張り時ですよ :ikioi:
12月に出ていた「意外な人の連絡に、気分を浄化してボチボチと」
とあったのは、この兄からの知らせでしょうね。
気合いです。気合い! しっかり仕事を終えてから、
来年になって、母のお見舞いにいけるまで落ち着こう。

P.S 
とか言ってたら昨夜、手術してもらえる展開になった。やっほーヽ(^o^)丿
もう治らないと聞いてたのに一転。涙返せ的な(笑) :kya:
転院して、スペシャリストのいるとこに移ったんです。地獄に仏。

■関連する記事■

拍手する

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

      2010/12/29

 - なんとなく・・思ったこと

Translate »