人生の転機

この記事は約2分で読めます。

今までの人生で『転機』は、いつだったか・・と思うと、
21歳に出会ったシュタイナーだといわざるをえませんね、私は。
それは、フィッシャー 音楽を愛する友へ
という本を買いに行ったついでに、ふらふらと見て廻っていた時
不意に、哲学コーナーに入りこんで、目に留まった帯封の
芸術と美学『芸術と美学–芸術と学問と宗教の源泉は同じ』という風な
自分の考えにピッタリとくる言葉が飛び込んできて手がのびたのが最初。
しかも驚くことに、思い出せなかったキッカケの作者や著書名が
転機について考え、あの地点だと確信した瞬間に蘇りました。

そんなで、益々、その必然を確信したしだいです。うん(^-^)。
結局、その音楽家の本はシュタイナーに導いてくれるためだったか
あまり内容も面白くはなかった記憶があり、手元にないのですが、
それも運命だと思えますねぇ~

・・・ということで、
人生の様々な出会いや転機が数多くあったけれど、
私の中で一番大きく、そして重要だと思えるのがシュタイナー。
それがなければタロットは単なる遊びにとどまったはずだし
シュタイナーが基盤となってくれることで、遊びだったタロットが
大きく、頼れる親友になったもんねニコニコ 全信頼を置いているほど.

文明にひたっていきている人に超感覚的世界の認識を獲得するのは非常に困難である

しかし、不思議なことにシュタイナー実践ができる環境は、
世の中にほとんどないと言ってよいのに、
私には、独学する基盤だけは常に整ったんです!
軌跡的な展開で。。。

転機というのは、振り返ると理解できるものだと、つくずく。。
今の状況の何事かが、また転機になったと解る日が待ち遠しいわ。

コメント

  1. ubeyabura より:

    透明感のあるブログになり、また、いろいろと統一されて見やすいですね。
    関係ないことかもしれませんが、私の12月6日の誕生花が「ユキノシタ」でブログの「雪の重さに耐え愛する心」というタイトルにちょっと親近感を感じるのでした。

  2. げんしん より:

    おはよぉ~。シュタイナーブロク始めたんですか?
    じゃぁ、メルマガはお休みかなぁ~。
    シャタイナーじゃなくて、菅子の有名な言葉、
    「倉廩満ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る」
    今の時勢には、全然合わん言葉やねぇ~。
    「及ばざるは過ぎたるに勝れり」かなぁ~。
    ものが有りすぎるのも、足りないのもあかんのやなぁ~。
    今の日本のキーワード 怒り がある感じがするんやけど
    これについて、シュタイナーは何と言ってるんやろ?
    また、遊びに来ますぅ~。

  3. yoshiko より:

    ubeyaburaさん、コメントありがとうございます。
    ユキノシタって初めて聞いて、どんなかな~と
    検索してみました。すっごい気品のある花ですね。
    小さいけど上品、良いことが知れて嬉しいわ~。
    関係ないけど、ユキノシタっていう響きもいいですね。
    5月21日はナンだろう…って調べてみたら、こちらhttp://www.birthdayflower366.com/12/1201-1231.htmlでは12月6日は「マルメロ」、http://www.ffj.jp/hana12.htmでは「カトレア」??
    色々とあるんですね。
    私は5月21日で「藤」と「かすみ草」でした。藤はもっとも好きな花のひとつです。 
    (しょうむないことを長々すみません(笑))
    また、いらしてくださいね。

    げんしんさん、しゅたいなーブログを雪マガのバックナンバーと一緒にすることにしてんよ。でも作業は大変なので、ボチボチやね~。ようさん発刊してて驚いてます。
    恥ずかしすぎる文章は修正していくつもりやし。
    タロットにも
    「倉廩満ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る」
    に近い意味はあるし、きっとまた蘇る言葉ですよ~。
    怒り・・・だけでなく有害な感情の克服・統治のための書が『いかにして超感覚的世界を認識するか』なんですよd(^-^)。
    全文、それらを統治するための文章で埋まっています~
    そんな所を次回2月10日前後のマガジンに書くわね。
    マガジンは書いていきますよ~ん(^-^)

  4. げんしん より:

    メルマガは続くんやね。
    良かった。
    実は、先回のメルマガの言葉で、
    「大事なのは なにを考えるかではなく、
    その考えがどのような作用を及ぼすか。」
    ということが、心に残って、というか
    ハッとさせられたかな。
    理屈じゃない!ってことやね。
    高尚な難しい話よりも、エッチな明るい
    話題のほうがいいってこともありかなぁ~?

  5. yoshiko より:

    いや~、どの部分の解釈かによるのですが、
    前回、前々回と、その前には、その行がないので、
    もっと前??
    「どのように考えれば、少しでも未来が豊かになるか」という行の解釈かな・・

    実践は自分の予定で行うから、その間は
    「おしゃべりのための、おしゃべりや、思いつきの話題を思い思いに語り合う通常の会話を避ける」のも必須なんですが、
    やっぱ、シュタイナー実践は「個々人の魂の改革」だから、話題にするだけならエッチな話と同じようなもんってことじゃなぁい?
    日常と実践中は、意識を変えることだ大事ですかね。

  6. ubeyabura より:

    yoshikoさん
    誕生花っていろいろあるんですね。
    自分は昔買った本を一冊持っているだけなんですが結構友達も当てはまったりして気に入っています。
    ちなみに
    5月21日は、自分の持っている本では
    「ひえん草」(淡紅花)Larkspur
    花言葉:自由
    だそうです
    タロットの方に花占いは失礼かな?ともおもいますが
    花占いは
     いやなことがあっても、くよくよしない性格。深く考えないで自由に生きるのが宿命です。でも、愛する人が現れたら、今までのような八方美人はやめましょう。浮気者とあきれられます。
    とのことです。
    初版が10年以上前なので状況も変わるのかもしれませんが・・。

  7. yoshiko より:

    ubeyaburaさん。
    いえ、いえ、失礼だなんて。おもしろいわ(^^)
    ひえん草も初めてみましたが、可愛い花ですね。
    でも花言葉の自由って凄く当たってます。
    だって、私が絶対に捨てられないものが「自由」だって
    いつも友人に言ってる通りですもん(*^_^*)
    恋へのアドバイスも当たりすぎてて笑っちゃいました。
    今、心がけている最中です(笑)。
    すっごい楽しかったーーー(~o~)。ありがとうございました。
    その本は、ずっとお持ちになると良いですね。

  8. yoshiko より:

    ubeyaburaさん。
    その本、良かったら紹介してくださいませんか。。
    欲しくなっちゃいました。

  9. げんしん より:

     やっぱり、前回の12月10日に配信のあった中で
    この言葉見つけました。最後の方、本文よりもっと下の
    方にありました。下半分を省略してしまったから、わからん
    ようになってしまい。
     
    ●シュタイナーの言葉
     大事なのは なにを考えるかではなく
     その考えがどのような作用を及ぼすかです
     人生を豊かにし 
     前進させる思想かどうかが問題なのです

    僕なりの解釈なんですけど、
    誰か若しくは大勢で、話とか議論をしている中身について
    とか、
    自分の考えについて、
    前向きなことか?考えることが有益かどうか?
    自分が楽しく考えれたり、するんならOKと言う意味
    でええんかなぁ~、と考えたわけでぇ~。

    そうやぁ~
    シュタイナーって、じっくり考えてみましょう
    ってことがメインテーマなんよねぇ~。
    そうゆうのは、僕は苦手なんよねぇ~。
    じっくり考えてたら、いつも眠くなってしまうんよねぇ~
    よし子さんは、そんなことないんやろなぁ~。

  10. yoshiko より:

    この意味は、
    「誰がどんな信仰をもっているかとか、
     どんな知識や思想をもっているかでなく、
     その人が未来や社会に何をもたらすか、
     その人が自分や社会の未来に有益なものをもたらして、
     内容豊かな人間に進化するかどうかなんだ!」
    ってことですね~。
     
    眠くなる人は、多分、いつもどこか体が疲れているからですよ!

    ホラ、すごい大きな心配事がでて、
    明日がどうなるか分からないときに、
    それでも考えると眠くなるなら単に図太い人ってことですが、
    そうでないなら、普通は考えすぎて眠れなくなりますよ。
    読書もシュタイナーのような類のものを真剣に読むと、
    それと同じで逆に眠れなくなり、最後に体が疲れたら
    読書の途中で眠り込んでしまうといいますねぇ。
    私も、それ、いつも実感してます。
    だからシュタイナー書は夜は読まないようにしてます。
    神経が起きちゃうから。。。
    体が疲れることは、伊豆にいてるときは少ないけど、大阪では眠っちゃいますもんね~。

    それとubeyaburaさん。
    万一、もう一度、訪問してくださったなら、
    1月6日は、何でしょうか?親しいお友達なんですけど。。
    すみません、厚かましくて・・・<(_ _)>

  11. ubeyabura より:

    yoshikoさんこんばんわ

    この本は初版1995年10月22日
    のもので、その後どうなっているのかと思ってAmazonで調べてみたら、なんとユーズドで最安値190円で手に入るようです。原価は1500円です。
    「366日 誕生花の本」瀧井康勝著 三五館
    です。
    1500円以上の値段のついているものもあるので、本の評価は人それぞれですね。

    1月6日は「すみれ(白)」
    花言葉:無邪気な愛
    花占い:ひかえめで上品な魅力のある人。ひそやかな恋にあこがれがちです。だけど、危険がいっぱい。気をつけて。無理にめだとうとせず、マイペースにふるまうことが、結局は、いちばんステキに見えます。
    とのこと
    ジャンヌ・ダルク(1412)もこの日生まれだそうです。

    これを読むと、とても素敵な友達が想像されます。yoshikoさんの親しいお友達ですから、きっと素敵な方なのでしょうね。

  12. yoshiko より:

    ubeyaburaさん、手をわずらわせてすみません。
    本当に、ありがとうございましたーー(*^_^*)。はぁ、嬉しい。
    姓名判断の本でも、そんなに売れてないけど凄く当たってるのとか知ってますからね!
    この本も是非、大型書店かAmazonでGetしたいと思います。
    友達の分も聞けて、とっても嬉しい。さっそく本人にもメールしておこうっと(^0^*オッホホ

    「ユキノシタ」が紡いでくれた縁に感謝です。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました