雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

ミスへの対応に感謝

ここの所、大変忙しくてバタバタしているのですが、
やらなければならないことは迫っているのであり、
のんびり構えているわけにはいきませんよね。

そんな時、ちょっとミスをしてしまいまして・・・
けれど、そのミスをされた側のクライアント様の対応に関して
たいへん尊敬し、感謝した此の頃です。
例えば、明らかにミスなのか、もしくは「これが仕事内容なのか」と
迷ってくださっての対応を考えて頂け、助かりました。
普通なら「なんなんですか!これ(`´)怒」と言われても仕方がないのに、
丁寧にお尋ね頂け、自分のミスに気づけました。
クライアントさまの大人な対応と、トラブル時の落ち着き。
本当に尊敬すべきことです。私は、まだまだ・・・(-_-;)

私が今不安を感じたとしても何の役にも立たない。何を為すべきか、だけを考えればよい。

このようにせよとシュタイナーは書いていますが、
問題を抱えて速やかに、くよくよすることなく
判断が出来るようになった人は、神智学を勉強していなくても
霊界の参入者だとシュタイナーは言っております。
要するに、その時その時の感情に右往左往させられず、
自分自身の支配者になっているのですよね、そういう人は。
本当に、そう思いました。実践ができている、それが一番凄いこと。
高次の自我には、まだ遠い道のりですわ~。

■関連する記事■

    None Found

拍手する

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

   

 - なんとなく・・思ったこと

Translate »