雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

鶏を使わない『鶏の唐揚げ風』

さて、シュタイナー実践をするにあたって、
より思考しやすい状況を整えるために野菜中心にしたいとしても
どうしても肉っぽい歯ごたえが欲しいという人に最適。

タプロ80
です。
植物性のタンパク質で出来ていて、ダイエット派にも良いノンコレステロール食品です。しかも乾物なので保存が利き、とっても長持ち。

大豆タンパクだけあって、袋を開けると穀物系の香りがします。
ほら!コーンフレークみたいなワッ!

調理方法は....


まずタプロ80を75℃~80℃のお湯で戻します。方法としては、
お鍋に入れて沸騰直前に火を止め、そのまま15分置いてもOK

手の平にちょこんと乗るサイズが、倍くらいに膨らみますニコニコ
ざるに上げ、絞って唐揚げ粉をまぶしたり下味をつけて揚げると、
まるで鶏の唐揚げです。ちぎってみたので見てくださいな!

ただし、歯ごたえはそっくりでもコーンフレーク系の味が止みません汗
下味をつけるために醤油やみりん、もしくはスープなどでじっくり煮込んで、ゴマダレなどの濃い目のソースをつけると満足感が増すかな。
お料理しだいで活用できるタプロ80ですよん。

基本...シュタイナー実践では
お肉を食べないと我慢できない人は、お肉を食べましょう。
精神的に肉が不要にならなければ無理にやめても意味ないのでノーノー

■関連する記事■

    None Found

拍手する

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

   

 - 出来る範囲の健康と食事

Translate »