雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

再認識好き?

シュタイナーをそのまま読み込むことが苦手な人が多い。
それは何故なのかと思っていたけど、コクトーのこんな言葉を発見。

新しい認識は読者を疲労させる。読者が或る詩の新味を玩味してくれる場合は極めて稀だ。

と書いている。
私達は、自分の頭にすでにあることを再認識するのが好きなのですね。
歌の歌詞も、映画の感想も、すべて既に魂にあるものを再認識するからか。

■関連する記事■

    None Found

拍手する

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

   

 - なんとなく・・思ったこと

Translate »