雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

本音と建前の落とし穴

★2006/9月号★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■
☆彡
タロット&神智学の智恵
【本音と建前の落とし穴】
素直な喜怒哀楽【】 *:・°
シュタイナーの言葉 ☆彡
後記・・・

□■Active Tarot Reading☆

ながらくぶりで、どうもすみません・・・と
いつも最初に謝っている(笑)。
やっと書けました。楽しんで読んでもらえるといいけどな~

|●タロット&神智学 の智恵
|【本音と建前の落とし穴】

シュタイナー実践は、繊細な想像力と強靭な実践力を育てる書。
小さなことからコツコツと! 日々守って生きたいものですd(^-^)ネ!

さぁ~、最近、私が気になることは、本音と建前かな。
日常生活では、本音を隠して上手く対処するとか、相手に譲る気持ちとか、
それ以上に、人に嫌われたくないということからの言動も多いと感じます。

でも度を越すと自分を表現できないことが習慣になったり、
まともに対人関係がこなせない人が増えているようにも思うわ~。
先日、新幹線に乗ったときのこと。。
前の座席の人が、なんだか露骨に「あれ??」という顔で振り返る。
なんやろう・・と見ていると、窓際から通路側に移って座席を倒し
携帯でメールを打っている・・・ そしてハッとしたように
座席を倒した隙間から、振り返って私を見て、慌てて携帯をパタン!と閉じた。
私は、不思議に思いつつ、後ろからその女の子の肩をポンポンと叩いて
「ちょっと」と2回ほど声をかけてみた。。なんかすぐに反応せず挙動不審な子。
私が「窓際座席、倒せないの?」と聞くと、「倒せないっすよ」とひと言。
「私のせいなんかな?もう1度試してご覧」というと、窓際に戻り
しきりにぐいぐい倒そうとしている。。でも何も引っかかってないが倒れない。
私が「ちゃんとボタンを押してる?」と聞いた途端、パタンと倒れた。
なんだろう、ボタンの利きが甘かったのか??分かりませんが、
その子は、無言で二度と振り返ることなく、携帯をもって連結部分へ出て行った。
ちょっと気持ち悪かった(^_^;)。私の隣に座っていた外国人男性が、
そのあと私の顔をみて、苦笑いのように微笑んだ(笑)。

普段、そんなに自己アピールしなくてもいいが、
話せば分かることは、普通に話せることが大切ですね~。
言うときますけど、別に怖い顔はしてませんからね~だ。

色彩の秘密 P.80

ドイツ語では、美(Schone)という言葉は輝くもの(Scheinende)
に通じます。(ほかの言語においても、同様のことが見出せるはずです)。美しいものは輝いています。つまり、内面を表面に有しています。隠れてはおらず、内部が表面に、外的形態に現れているのが、美の本質です。外見を輝かせ、本質を開示するものを世界に輝かせるものが美しいのです。

だから内面が美しい... 内面を出しても大丈夫な正直さが要。
それに自信がないなら、身につければ良いのです。
それがシュタイナー実践の課題によって可能になりますよん。

W杯柔道の女子などは、この言葉にピッタリだと思い浮かびました。
彼女達は、そう着飾っているわけではありませんが、
いつも輝いてみえます。レベルの高い勝負の世界にいる彼女らは、
常に自分の弱さを精神的に克服してきているのだと思います。
環境やライバルや審判の批判をしててもしょうがないですから
そのような彼女たちだからこそ、内面から美しいのでしょうね。

シュタイナー実践は、単に運がよくなるとか、嬉しいことを招く魔法でなく、
自らを内面から美しくする課題を提供してくれる書です。
それは、なるべく誤った感情を抱かない工夫から始められます。

いかにして高次の世界を認識するか P.43

物質的な世界における感覚的な事物がお互いに作用しあうのと同じ
ように、魂の世界と思考の世界では、感情と思考は相互に影響しあ
っています。
このことを生き生きとイメージできない人は、「でたらめに撃った
銃弾がものにあたるように、私たちが抱く誤った思考は、思考の世界で活動するその他の思考に対して破壊的に作用する」などとは思ってもいません。そのような人は、物質的な世界において行動が無意味だと感じたら、その行動を控えるのに、誤った思考や感情を抱くことには抵抗を感じません。というのも、その人は「誤った思考や感情が、その他の世界に危害を及ぼすことはありえない」と考えているからです。

タロットを扱う私や私の提供する毎月の運勢を実践している人には、
それが真実であると思わざるを得ないことがよくありますよん。
その月に、試みてはいけない行動や、持ってはいけない感情があり、
それを試みたり、抑えられないと深みにはまっていき、
守れたら、それが出ていた理由が納得いく未来として出てきます。
逆に、試みよ!と勧められることや、持つと良い感情もあり、
それを様々な理由に甘えずハードルを越える努力をすると
ワンランクUPした自分と日常生活を得て成長することができ、
あれこれと最もな理由があったとしても努力をしなければ、
いくら希望があっても叶いません。

誤った感情や思考を抵抗なくもつと、それが当たり前になるもので
自分では悪い状態と感じないばかりか上手くやってると感じるくらいです。
ただ、周辺の人にしてみれば、良い結果にならないだろう・・・
と見えたり、見放されたりして、諭してくれる人と疎遠になり
ますます自分を甘やかし、現実に鈍くなっていくともいえます。

けど、実際、そのように現実に説明がつくことよりも、
感情と思考の中だけで誤っていて、本音と裏腹に適切な態度をしていても
偶然の幸運やラッキーは出てきません。それが続くので結果的に
打算が分かる人にはわかるような行動に至ってしまいますし、
良い思考や感情を呼び起こすだけで不思議と良い偶然に出会えるのも事実です。

どう考えても、誤った感情や思考が現実世界に作用するとしか思えません。
では、誤った感情を抱かないで済む工夫をしてくては(^^)

|引用___、色彩の秘密 P.80 -------------------------------

美の反対のものについて語るなら、「隠れているもの、輝いていないもの、
みずからの本質を抑制して、外的に開示しないもの」ということになりま
す。客観的に、美とは反対のものについて語るなら、隠れたもの「外見的
には、本質と異なったふうに見えるもの」と、いわねばなりません。

|-------------------------------------------------------------

隠さねばならない本音をもたないのが一番ですし、それは考え方ひとつ!
人を憎んだり、恨んだりしないのは、結局は自分の為です~。
大抵、自分も苦しいのですが、そんな時は
「人のこと恨んでたらアカンなぁ~」とか「切り替えよう!」
とかと、自分の気持ちを誘導した後に、
「この前向きな反省は、相手以外の最良のところから返ってくる」
と、”返ってきた気分”になりつつ清々しく思うようにすること。
納得できる気分になるまで、ひたすら試してみます。
すると、どうでしょう。できた暁には、大抵偶然の喜び事がでます。

自分は悪くないんだ、相手が悪いんだと正当化しないで認めると、
そういう本質が、正直な人柄として表出するようになりますから!
隠さねばならない醜い見え方はしないものですよ~(^^)
憎しみは、自分の運が悪くなるだけですし、それこそ赤っ恥。

内面的な正直さは、大きくプラスになります。

|引用___、いかにして高次の世界を認識するか P.99 -------------

例えば、誰かが私達を侮辱したとします。ことのき、すぐに次のような
思考が現れます。
「このように侮辱されたからといって、私の価値は全く変わることはない」
怒りの感情に駆られることなく、平静で落ち着いた気分を抱きながら、
その侮辱が自分以外の人間に加えられたかのように、侮辱に応酬することが
大切です。

|-----------------------------------------------------------------

実際に、相手が悪いと皆が認めるような場合もあるでしょう。
そんな場合も、憎しみの感情を誘発されずに自分を保護しましょ。
要は、どういう反応をするかなんですよ~。
おかしいことは確認するなり、抗議するなり、
試しておかねばいけない事柄を処理してしまえば宜しい。
そういう気分を作る努力を習慣的にしていると慣れてきます。

そして、自分が八つ当たりしたり、人を批判する気分のとき、
いかに自分の中に焦りや動揺があるかを思い返し、
相手も色々辛いのだろうなと、大きな考えでいられればエライね!

|引用___、いかにして高次の世界を認識するか P.102 -------

神秘学の訓練をするためには、とりわけ願望と関る生活を育成して
いくことが必要不可欠です。私たちは願望を失ってはなりません。
なぜなら私たちは、自分が達成すべきものを、まず最初に願わなく
てはならないからです。願望の背後に、ある特別な力が存在してい
るときには、願望はつねに実現に向かいます。

|------------------------------------------------------------

なんとなく思いついた願望が、どんどん実現していきます。
そのことに周辺事情は関係ありません。まるで願う前に、
実現が決まっていたかのように流れていくのです。
内面に隠さねばならない感情をもたないでいると、
美しく輝いていられるだけでなく、正しい願望を持てるようです。
本音を隠して綺麗な言葉で飾っても、大して得もしませんから
出来る限り、自分を正直に楽しく戒めて行きましょう~(^^)
憎まない、人のせいにしない、その他の誤った感情を抱かない認識は、
願望を実現させる特別な力を誘発してくれるでしょう。

高尚なものに変わった願望のあり方をとおして、
さらに私たちが、進歩していけるというのがシュタイナー実践です。
ちょっとしたことですが、試してみてくれたら嬉しいな~。

●引用したシュタイナー書物

* 色彩の秘密-色彩の本質秘教篇/イザラ書房 2400円
* いかにして高次の世界を認識するか/柏書房 2400円

■ルドルフ・シュタイナーとは■
1861-1925年。
教育学・医学・農業・建築・社会論などの分野に
業績を残した哲学博士です。
単なるカルトおじさんではなく、ヨーロッパでは
教科書にも乗るほどの人ですので、安心してお読みください。

*;*;+*+ *:*'*+
|●実践経験&素直な言葉 
|<<あと一歩>>

そろそろ9月が過ぎると、1年の運勢で起きていないことがある場合、
見直して欲しいと、占いを依頼されることがでてくる。
カードによっては、そんな必要は全くなく確証のあるものでも
占い手の私以外は、信じるしかないわけで不安やわよね。

私も1年の運勢で、待ちに待っている出来事は未だです。
しかし、総合的に起こることだし、今年に限って行いは完璧、
・・・というか、こんなに気をつけて過ごした年はない!
だから、何か誤っているとは思えない。絶対あるはず。

ただ、目標がある人は、それに向かって努力することは大事だけど、
それを実らせるには運も必要。特定の努力にばかり目をやって
他の面がおろそかになっていないか確認してみてね。
結局は、周囲の引き立てや色々なことが運を左右するのですから
そう思えば、どんなこともおろそかには出来ないのであります!

また、自分が行った小さな善意や親切を謙遜しないで
お仏壇に報告するような軽い気持ちで、
「こんなんやりましたよ~。誉めてね~。」と笑顔になるのは大事です。
思わぬ幸運を読み込みますよん。(~o~)
今年の幸運がまだの人は、あと一歩かもと思いましょう!

──────────────────────────────
|●シュタイナーの言葉

 霊的なものを自分のなかで たんに開示するだけではなく

 意志をとおして実現させることによって

 人間は正しい意味で 有徳なのです

|★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''

   ・・・・・・・・後記・・・・・・・・

前回はBlogを書いているかというアンケートでしたね。
12人の方が書いているそうです。。。
興味あるなぁ~(笑)。

今回は、ちょっとしたことでもシュタイナー実践を心がけたり
思い出して実行したりしているのかどうかで~す。
なかなか我がことにするのは難しいですけどね(^^)

  ========
  シュタイナーの実践を日常生活で使っていますか?
  ======== クリックしてね。

1.ふとした時に思い出して心がけることがあります。
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?1

2.これ!という時に、いつも心がけてることがあります。
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?2

3.分かっていても普段は忘れて使えないです。
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?3

4.いくつもの言葉を臨機応変に参考にしています。。
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?4

5.いくら読んでも忘れて覚えられません。
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?5

*クリックで投票できないときは、
 http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi で投票お願いします。

 発行人: Active Tarot Reading 佐藤 よし子
 http://the-xx.cocolog-nifty.com/blog/
★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''

解約をご希望の方は、下記の
指示に従って解除手続きを行って下さい。

【まぐまぐ購読登録・解除】
http://www.mag2.com/m/0000014293.htm 
【めろんぱんにて登録・解除】
http://www.melonpan.net/mag.php?005701

■関連する記事■

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

   

 - 雪マガジン・バックナンバー

Translate »