雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

無力感からの脱出

★2011/3月号★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■
☆彡
タロット&神智学の智恵
【無力感からの脱出】
素直な喜怒哀楽【神社の不思議】 *:・°
シュタイナーの言葉 ☆彡
後記・・・ アンケート:
神社の不思議、経験あり?
■□■Active Tarot Reading☆

しばらくご無沙汰してすみません :atya:
ブログには、思案中のメッセをアップしていましたが
ごらん頂いたかしら?皆さんお元気なら何よりです(^^ゞ

|●タロット&神智学 の智恵
|【無力感からの脱出】

ここのところ・・・
実践的っちゃあ実践的だったんですが・・・

俗物的な反省ばかりを書いてたでしょ? :ase:
それも一生懸命に気をつけているには違いないのだけど
イマイチ何かに欠けてるように感じててんよぉ~
「なんというか・・魂の力や養分が足りないーー!」
みたいな気分、無力感みたいな(笑)。
その原因を追究せねばと思ってて・・・

2月は、少し自分の中身に力がほしくて
神々との出会い、民族魂の使命、星と人間を読みました。
わかりにくく難しいものを読んで集中力が出ればと思って。
それを読むうちに、四つの構成要素をもった全人という自分を
すっかり忘れてしまっていた現状に唖然(・。・;

神智学 P.35

かくして人間は三つの世界の市民である。その体を通して彼は
身体が知覚するところの世界に属し、その魂を通して、彼自身
の世界を構築し、その霊を通して、この両者の及ばぬ世界が
彼に啓示される。

物質体
┃桟┃
┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.感覚魂…一般に私達のいう感情(衝動、欲望、情欲etc.)
動物と同類の喜怒哀楽
2.悟性魂…思考内容or感情に盲目的に従う事ない思慮
3.意識魂…反感共感から独立した見識や真理を受け取る
┗ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃桟┃
霊界

上図のような感じでしたよd( ̄ ̄ー ̄ ̄)ねっ

体を通した世界だけに関わってたんだね私 :fun:
目先の仕事や希望推進が中心となっちゃって・・。
行動力が普段から足りないのを補うつもりで
行動を頑張るのは悪くは無いのですが。
動けば疲れて、数日ぼんやりみたいな感じになり、
再び次なる行動目的を探すという目先のことばかり。

精神的な栄養補給をする時間をとらなかったから、
意識がすっかり唯物化してしまってたみたい。ただ!
養分が足りない感じを察知できただけ安堵しています(⌒^⌒)b

これから3月がスタートする2011年の前半。まだまだです :!!:
どんな人も無力感と無援じゃないと思いますし、
少しでもヒントになればと思います。お付き合い下さい。

■「割り切り」という言葉がありますが....
自分の魂と何ら関係性がない仕事や行動をすることが、
どうしても必要となる現在の生活があり・・・。
けれど先ほどの引用でもあるように「三つの世界の市民」ですもん。
物質界での養分と同時に、魂世界からの養分もとらねばです :ikioi:

『悪口を思い浮かばないよう気をつける』 とか、
実践的なことを試みるにも頭は使っているのだけど
いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかの条件に、
【それが外的な生活規則に留まっているのでは何の意味もない】
とハッキリ書かれている、その状態にハマっていたみたいです。

実践ってそもそも....
感覚を超えた世界とのリンクなはずなのに、
そこを忘れてどうする? ってやつですね :gaku:

かといって

神殿伝説と黄金伝説 P.260
尊敬するに値する人物を尊敬することによって、私たちにもた
らされるものが真実であることをただ知っているのと、それを
体験するのとでは、まるで意味が異なります。私たちがそのよ
うな熱に覆われた無数の畏敬の念を相手の人に注ぐとき、私た
ちはその人の偉大さを通して成長します。そうした事柄を知性
でただ表面的に捉えたり、それについて書かれたことを知って
いるだけなのと、体験するのとでは、まったく違うのです。

とあるように....
読書して知った気になってても効果はなし!

重要なのは『熱に覆われた』という部分ですね♪(* ̄  ̄)b
情熱とか熱意とか努力への愛といえるでしょうか。
確かに、シュタイナー実践の検証については精力的に
魂の熱をこめて努力してきたと思える自分がいます!
これに懲りずに頑張っていかねばと思う次第で。。。

魂の熱がいかに大切かという、霊的な意味も過去に書いています。
是非、無力感のある方は読んでくださいね。
>>次元の平存性
https://yuki.the-xx.com/?p=675
>>光に導いてくれる存在
https://yuki.the-xx.com/?p=674

神殿伝説と黄金伝説 P.142

叡智は単に学ぶものではなく、人間社会の中に打ち立てられる
ものです。宇宙法則の偉大さと統一性を少しでも理解すること
がいかに必要であるかと自覚しなければなりません。
家を建てるときに、全体的な設計図ができてから石を積み上げ
るように、私達が習慣的に思考するときにも、全体から個へ向
かう叡智が生きていなければなりません。私達の世界を混沌と
させないためには、こうした要求がでてこなけらばなりません。
どんな歩みも、どんな行為も、霊界への刻印づけなのです。

全体から個へ」 という意識がすごく大切なのですが^^;
物質的生活がメインになると、「感覚魂」が主要なわけで
それは動物的で最も低次の魂ですから、
自我を目先の欲望に没頭させ、「悟性魂」=知性を
その目的のために奉仕させるのでした :aseri:

”どうすれば願いが叶うのかなぁ” 的に、
目に見える世界のことばかりに向けられてしまうんです!

【魂の区分】
1.感覚魂…動物と同類の喜怒哀楽、共感反感
2.悟性魂…思考内容or感情に盲目的に従う事ない思慮
3.意識魂…反感共感から独立した見識や真理を考える

・肉体は五官を通して感覚魂に情報を提供
・感覚魂は、五官から得た情報により共感反感を得る
・悟性魂は、その感覚魂のあり方によって変化する
知性と思慮を、
感覚魂に依存:感覚の満足に向けその実現を計る
意識魂と関連:見識や真理に従って感情抜きの判断をする
・意識魂は、霊界(真理)とのカケハシとなる情報を提供

という感じです。よい復習になってますか?(^o^)

■しかし一旦、感覚魂に偏りだすと方向を変えるは難儀。

私も今回、色んなパターンで復活を試みたのだけど、
なかなか「何かが足りない感」が補われず空虚さが続いて :syobo:
・・・っていうのも、
当然、感覚が物質に偏っているから対策もそっちばっか浮かぶし
食べ物を工夫するとか、散歩に出るとか「行動」に傾きがち。

しかも!!
この傾向にあると『あせり』も感じやすく|||/( ̄ロ ̄;)\|||
読書や文章を書くなど、イメージ強化に集中できないんですよ。
でも、絶対に必要なのは【魂の区分】でもわかるように
「意識魂」を考慮した物質界以外の栄養素なの☆彡
・・・けど、
無力感脱出は、どんな工夫も最初は半信半疑だと思います。
感覚魂の働きを抑えて効果を感じるまで、根気よく試してね。

■功を奏した対策

・寝る前のヨガ(イメージしながらするから)
・寝る前のシュタイナー読書
・夕飯の炭水化物を中止(活動のエネルギーを抑えるため)
にしてみました。
読書には、
霊的傾向が強く難しい書物を選び
神々との出会い、民族魂の使命、星と人間にしました。
これらが『霊界の住人』という意識を思い出させてくれたわ~ :lucky:
それ以外なら、童話とか想像力を働かせるものが良いでしょ。

神々との出会い P.173
確かに認識に際しては脳が働きますが、認識の主要部分は思考
活動という魂の内的作業なのです。

思考は魂の内的活動という部分から
『全人』としての自分をイメージし直してみたら効果あり☆彡

物質体があり、それは物質界の素材で出来た私の体。
そこにエーテル体というエーテル要素で出来た生命体が加わり、
アストラル体というアストラル界の素材で作られた魂が加わり。
それは、肉体に入っているけれど、頭の周囲を少しはみ出て
「頭巾」をかぶったようになっている。
その頭巾の上方世界から、本来のアストラル界が、
はみ出た頭巾の部分と縫い合わさって交わっている。

・・・と想像しました。
そうしたら、物を考えるときにも『全体から個へ』という感じが
結構わかりやすく頭に入ってきてんよ(⌒^⌒)b うふっ

神々との出会い P.175

物質である身体組織の中では、思考や認識の過程はまったく生
じていません。それはエーテル体、アストラル体などの中で生
じます。思考内容は、脳の中に入っていきません。入っていく
と考えるのはナンセンスです。それは脳の働きによって映し出
され、再びエーテル体、アストラル体、自我に投げ返されます。
私たちが自分で生み出し、脳によって意識されるようになった
像は、地上に生きる私たちの魂の営みを表しています。しかし
鏡の前に立つ私たちが、鏡の奥に存在してはいないように、脳
の中には思考内容の何も存在していないのです。

思考は、物質体でなく高次の構成要素の中にある。
つまり、魂の中で生まれるというのですよね。
次元の違うものを簡単に想像できないけど・・・
■思考をと思ってみては、どうでしょう :pin:

太陽は宇宙であんなに輝いているのに、
光をつかまえようとしても、そこにあるのは闇だけで
物質にぶち当たって始めて光を見ることができます。
太陽と月の間にも光はあるのにd( ̄ ̄ー ̄ ̄)ねっ
空気にせよ、物にせよ、物質がないと透明にしか見えません。

神々との出会い P.179

私たちの認識行為はすべて、思考生活の中で生じます。すべて
の外的諸事象をも再現することのできる私たちのイメージ生活、
思考生活は、鏡に映し出された像でもあります。
そもそも私たちは、自分自身を認識しようとしても、鏡像とし
てのイメージ生活以外は何も知ることができないのです。です
から、自分自身を認識しようという不確かな感情に衝き動かさ
れても、「自分自身を認識することは不可能だ」と告白せざる
をえないのです。
今言いましたことは、現代の大抵の人にとっては抽象的な話で
しかありません。大抵の人は、認識の情熱に欠けているのです。

要するに・・・
私たちの思考の実体は、アストラル界にあるんだけど、
アストラル体は、肉体を覆っていますね。
例えれば、実体は透明だけど「光」を出現させる物質のように
脳は、思考を意識させる装置だというのです。
肉体が眠ると、脳(肉体)を置いて霊界に戻っていきます。

『こんな図でどうかな(^_-)-☆』

□上方のアストラル界
★叡智
◇人間のアストラル体
◆人間の考え
■脳

□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□★□□□□□□□□□
□□↑★□↓□□★□□□□□□
□□↑↓□↓□□↓↑□□□□□
|||||||||||||||連結
◇◇↑↓◇↓◇◇↓↑◇◆◇◇◇
◆◇↑↓◇↓◇◇↓↑◇↓◇◇◇
◇◇■■■■■■■■■■←◆◇◇
◇◇■■■■脳■■■■■◇◇◇
◇◇■■■■■■■■■■◇◇◇◇
◇◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

身体をいくら分析しても、決して解明はされないけれど、
夜、霊界に居る間には、人間と上方のアストラル体は親和し
交じり合っていて、霊界と通ずる情報は霊界に影響するから、
★朝起きたら、急に妙案が浮かんでいたというのも理解!

そういうことが、情熱次第で会得可能なのだ!
感覚(五官)を超えた認識方法も可能なのだ!

というところから実践は始まったはずですもんd(^_^o) ネッ

神々との出会い P.180

そのために大切なのは次の問いです。
「鏡の装置の奥にまで入っていく手段があるのか」。
まず最も身近なところから始めたいと思います。外界の幻影
へではなく、真の現実へ導く高次の霊的真実を表現しようと
始めますと、ただちに外的な科学その他の表現とはまったく
違った表現をしなければならなくなります。
事柄を性格づけるのに、さまざまな側面から光を当て、言語
ともう一度真剣に取り組むのです。言語と真剣に取り組む時
には、いわば「言葉の精霊」と出会わなければなりません。

■この課題に、タロットがドンピシャなのです!

ほんと!この組み合わせを天満宮初詣の後、
本屋で偶然に得られたことは幸運としか思えません(^^ゞ
シュタイナー書と出会った日のことが思い出されます。
この出会いがなければ、タロットを職業にすることは
100%ありませんでしたもん。

「死んでも嫌や!」って言うてましたしね(笑)。

言葉の精霊はタロットを訳す場合に感じます。
一般的に分かりやすくすればするほど誤解の可能性が増し、
効果が薄くなるのも事実です。少しくらい面倒でも
元の象徴を「そのまま回りくどく」書くほうが、
受け取った相手にとっての有効性が桁違いに良いのです :goo:
受け取り手の魂に働きかけるのだと思い以外にありません。

神々との出会い P.182

「言葉の精霊」は今はまだ自我人間の無意識内にとどまって
いますが、霊界という通常意識の深層に潜んでいる世界の特
徴を知りたければ、この「言葉の精霊」から多くを取り出せ
なければなりません。
このような意味で、霊的な事実を知るためには、別な文体、
別な言語表現を用いなければならないのです。高次の世界を
語るときには、どうしても聞きなれぬ言い方が必要になり、
魂の深層にまで遡って、無意識的な深層から表現を取り出し
てこなければならないのです。私たちはこのことを意識して
受けとめなければなりません。

無意識内ということは、「意識魂」ということでしょうね。
人間が今、開発途上にある霊界との通信ができる魂です。
なので、物質界の事情や表現と離れるのも理解(^^)
どれくらい開発が出来ているかは各自の力に依存していますから、
シュタイナーやタロットが受け取り手次第なのも分かりますね。

「読み」はある意味で『無の境地』とでもいいますか、
感覚魂や悟性魂という、個人的共感反感の排除が促進剤です。
成長の為には、そういう意識が大事!それにはd(^_^o)

■タロットの課題を読むのが凄くよいトレーニングです!

もともと象徴的なタロットですから適しているのでしょうか。
毎月の運勢を読むのを通して、霊的な直観が発達していますが、
それはユーザーの希望ではなく、自然と開発されるのです。

毎月送られる内容を、自分が
・どういうシチュエーションで
・どう思って
・どういう行動をとるのか

という想像を、文面から働かせるのです。

よくお芝居にも例えるのですが....
台本を読んで、役柄の気持ちや心情に入っていくのと似ています。
それを、どれくらい真剣にやってみるか次第d(ー.ー )
どんな役を演じるにしても、その人=自分になるのですもの。

それをタロットの課題では、
翌月の自分に事前になりきり、どういう行動をとるのか
どう感じて、どう動いて、失敗もしくは進展するのか
推測するのが訓練になりますd( ̄ ̄ー ̄ ̄)

神々との出会い P.199

しかし神々は私たちを目標に導いてはくれません。なぜなら、
神々が私たちの内部に宝を組み入れてくれたのは、私達が自由
を行使して、自分でそれを取り出すためなのですから。ですか
ら私たちは、内なるこの宝を無駄にしてしまうかもしれません。
そうしてしまうことが、人間の魂が選ぶ道のひとつです。第二
の道は、天上の神々に対して私たちの思考の義務を意識するこ
とです。

思えば・・・・
このメルマガから毎月の運勢を希望して頂くことも多く
初めは「自分を変えたいから」とか「良い教育を目指したい」とか
理想をおっしゃいますが、そんな方に限って数ヶ月もすれば
毎月出てくる課題を「希望実現の早道」のように扱いだします。
まるで無力感に陥った時の私のように、
目先のことを無味乾燥なルールで幸運に変えるような発想(-_-;)

翌月の自分がどうなるかという想像力を働かせることは、
少しでも未来を豊かにするために何ができるか』を見つける
すごく有意義な訓練で、自分の中から具体的対処を引き出す
大切なことなのだけども・・・・ :gusu:

結局は、
「こういしたい、ああしたい」と、特効薬を求めてきます。
けれど・・・・
シュタイナーも神様も私も、お手伝いにすぎないのですよねぇ~

神々との出会い P.199

「私は自分で、隠された深みからこの宝を意識の表面に引き上
げねばならない。」かつて神々の実質として存在していたとき
とは異なる形態をこの宝に与えるのです。私たちが与えた形態
によって、この宝をふたたび、神秘的な仕方で、神々に返すの
です。認識の力で、個人的な問題に関わり、自己中心的になる
のではなく、神々が与えてくれた高貴な財宝を、新しい形態に
変えて、高次の諸世界に送り出すのです。

大抵の人は、自分自身を認識する情熱がない!
というのが本当のところだとは思いますが、
翌月の自分になりきる努力を愛し楽しめば継続可能 :kira:
全然、読書家でない方がグイグイ引き出していますよ(笑)。
正しい発想をして、有意義な日々を模索して、
生産的な行為を心から実践することは、宝を見つけることです。

神様にお礼をするつもりで「認識力アップ」を努力。
時々は、見失うことがあってもいいよ(人д〃)ネッ

神々との出会い P.203

「お前の魂には善くないところがある」、と自由に、正直に
告白する勇気、この勇気が利己主義を克服する力となるので
す。
陳腐な自己認識ではなく、真の自己認識に徹して、自分の内
奥の本性を知る時、そこに見出すものは、決して出会いたく
なるようなものではない。この上なく不快なものであるだけ
でなく、本当に出会ったなら、心を打ちのめされるようなも
のなのだ」。

ほんとに知れば知るほどですよ~(笑)。

■今までの認識方法を変えるのだ
と決意した謙虚な姿勢の裏側に潜んでいたが、
ひとつの目標をキッカケに活発化してくることもあり :ase:

「私って、とても残念な人・・・」と凹みつつも
はやり、欠点に気づくのは気持ちが良いです(。´・ω-)b
「成果」という目の前の人参Getには、特別な力が働いていて
理屈に沿った努力をしただけではダメだと忘れずに!
先日までの『頑張ってるのに虚しい』という状態よりも
更に3月はタロットの課題を読んでいこうと思います。

神々との出会い P.204

「自分のことを考えてそうしたのではない」
多分自分が最も大事だからこそ「自分のことなどどうでもいい」
と言って、そのことを隠そうとするのです。
これは日常私たちが経験することです。しかし、無私な行為
であるかのように見えても、実は自分のための行為だったの
だ、と白状してくれるほうが、ずっとよいのです。

少しでも運勢ユーザーの希望実現を願い、
どうにか楽に前進させてあげたいというところから、
善い行いを「幸運のルール化」しちゃった部分もあり・・
とか思うけど、当然、自分も前進したい気持ちもあり

あ、こっちが優先か :ussi:
ってことですねww 了解。

神殿伝説と黄金伝説 P.260

人類の中の調和は、それを説くことからではなく、それを築く
ことから創り出されます。人間本性の中から真の力が呼び起こ
されるときには、友愛が生じます。そこでは争いが生じません。
なぜなら、できるか、できないかだけが問題だからです。

口コミで「絶対に見てもらったほうがよいよ」という紹介のたび
どんな地位の方でも特別ということなく、率直に訳してきました。
ですが・・・
結局は、お手つだいにしかなりませんし
毎月でてくるものは、対人恋愛仕事や家庭という日常の実践です。

耐えず、人間を前進させる力も刺激されねばならないのです。
人間はこの力と結びつくことを学ばねばなりません。

それでも人生を促進する刺激になると確信しているタロットです。
努力の途上で自己中にも陥るでしょう :aseri:
しかし、経験者のデータが相互の財産として蓄積されます。
人生の気長な趣味として、豊かな未来を築くアイテムとして
読書のみでなく、実践にも是非参加してもらいたいと思います。
運勢ユーザーに、特にシュタイナー書の知識はいりません(^^)v
興味のある方は、詳細をご覧になってお仲間に入ってください。
https://putitaro.the-xx.com/

●参考バックナンバー
2000年4月のバックナンバー
https://yuki.the-xx.com/?p=637
リアルな現実が開く展望
https://yuki.the-xx.com/?p=770
次元の平存性
https://yuki.the-xx.com/?p=675
光に導いてくれる存在
https://yuki.the-xx.com/?p=674

●引用したシュタイナー書物

*神々との出会い
*神智学
*いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか
*神殿伝説と黄金伝説

■ルドルフ・シュタイナーとは■
1861-1925年。
教育学・医学・農業・建築・社会論などの分野に
業績を残した哲学博士です。
単なるカルトおじさんではなく、ヨーロッパでは
教科書にも乗るほどの人ですので、安心してお読みください。

*;*;+*+ *:*'*+
|●実践経験&素直な言葉
|<<神社の不思議>>

幼少のころから初詣は大阪天満宮と決まってて
その習慣でずっと大人になるまで通っていましたが、
シュタイナーとの出会いも天満宮の導きと思える流れがあり。
ある年に「私に合った書物を授けてください」とお願いしたら、
音楽書コーナーの途中で偶然に手にとり、
本当に必然のような縁で出会えたと思っています :pop:

神社って相性が良いところでは凄いパワーを発揮しませんか?
昨年のお正月に、東京で親族がお食事会をした帰り、
すごい混雑の原宿で降りて、明治神宮へ寄ったのですが・・・
それまでに疲労がピークとなり、ひどい偏頭痛がしていて
ダウン寸前。叔母達の手前なので我慢してたのね。

そして、明治神宮の境内に入って行列に並んだのですが
なんとお参りは2時間半待ちという状態。
10分くらいであきらめて、すぐ横道から出たのですが
なんと!!頭痛も肩こりもすべて消滅していました。
片鱗もなしという凄い利き目で(笑)。
これって何でしょうね(^^)v

ただ、一般的には神社も商売だから、
どこでもお守りとかは、一通りあるじゃないですか~
でも、学問の神様は学問。交通安全は交通という風に
専門分野をお願いするのが良い気がしますよね :pin:
ただ、大阪天満宮は菅原道真だし、明治神宮は、明治天皇。
・・・・・、
人間が神様になっても御利益あるんだ~ とか思ったけど、
シュタイナー的にいえば、逆に人間に降下していた
天使以上の位階の霊だったということもありかもね。
・・とか、へんなこと言ってみたりする(笑)。

今年は、ひょんなことから比較的近所の熱海に
来宮神社という由緒正しい神社があるのを偶然知り。
1月に初詣に行ってきたのですが、
その周辺だけ空気が霊験あらたかなのが分かります。
偉大な神様がいそうな利き目のある雰囲気で
おみくじを引かせて頂き、今の心境への回答みたいな文面で
「あらあら、ありがとう(^o^)丿」みたいな。

本殿は『出雲大社の神様』ということで縁結び。
摂社は『弁天様』で、芸事の神様が祭られています。
一度行かれてはとおススメ(*^_^*)

鳥居を出られて、そのまま右へと道なりで緩やかに登ると、
15分くらいで『熱海梅園』があり、イベント時以外は無料
足湯などもあり、きっと和めますよ。
縁結びという意味では、3月末締めまで前向きにいようと思います。
しかし、それでスッパリ終了決定。ないもんはないんです。
物事はあきらめも肝心です(笑)。

──────────────────────────────
|●シュタイナーの言葉

人類が日常の出来事においても

非日常的な出来事においても

常に霊的な働きを感じとることを

学ばねばならない

|★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''

・・・・・・・・後記・・・・・・・・

前回のアンケートは...
『どの子供達に寄付しますか?』でした。

現在のべ 90人の方、ありがとうございました(^-^)
1位『乳幼児の水や衛生問題のケア』 28票
2位『すべての子供に教育を』18票
3位『エイズと闘う』16票
4位『児童婚やポルノからの子供の保護』15票
5位『地震や洪水の緊急支援』13票
ニュージーランドの地震も起き、
私のところは東海地震がいつ起きてもおかしくなく・・
他人事ではありません。もう地震は嫌やわ..

雪ブログには、更新情報がメールで届くシステムがあるので
そちらも応用してくださればいいかもしれません☆彡
私にアドレスは届きませんからご安心を。

自己紹介&おススメな書籍など

さて、今回の話のメインは
========
神社の不思議、経験あり?
======== クリックしてください。

1 ご利益としか思えない瞬間効能の経験あり(^^)v
https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?1

2.お願いが効いたと思える経験はあり。
https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?2

3.逆に祟られたとしか思えない恐怖経験あり(>_<)
https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?3

4.気持ちが良いとか、そう思えばそうかもと思う程度。
https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?4

5 一度もご利益と思えた経験がないです(-_-;)
https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?5

■関連する記事■

拍手する

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

      2018/05/11

 - 雪マガジン・バックナンバー

Translate »