弱点越えで爽快感アップ

この記事は約12分で読めます。

★2010/1月号★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■
☆彡
タロット&神智学の智恵
【弱点越えで爽快感アップ】
素直な喜怒哀楽【主体性が足りない】 *:・°
シュタイナーの言葉 ☆彡
後記・・・ アンケート:
カテゴリとしてどんな内容に興味がありますか?
■□■Active Tarot Reading☆☆彡

手がかじかみますねぇ。ほんとに寒い。
皆さんも風邪とか引かないでね(^^)

|●タロット&神智学 の智恵
|【弱点越えで爽快感アップ】

2010年も始まりましたかーー!
私は昨年タロット課題によりシュタイナー実践が大変進展しました。
・・・というのは、再三
『ビックリするな』と『動揺を客観的に見る姿勢』が示され
恐怖におののいたり、不快に震えたりすべきことが難なく過ぎちゅん
思い返してみて気づきました。そうだった!!
このような↓魂の特性を克服するのが実践だったんだと(笑)。

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP.103

怒りや不機嫌と共に、恐怖、迷信、独断、虚栄心、功名心、好奇心、
饒舌など、更には性や人種のような外的特徴から人を区別する態度
もまた克服されねばならない。

だよね?だよね!
結局は、シュタイナー実践とはそういうことだったよね(^^)
って、何を今更でしたが、でも・・・・
一歩でもクリアして前進したことがとても嬉しい(*^_^*)
…..
昨年は、怒りと不機嫌と、恐怖と独断と虚栄心など
本当に上記のものを克服する機会を与えてもらいました。
当然なことが不十分だったとクリアして改めてわかりました。

だって、
■感覚を超えた世界を認識するには!!!
第一に『高次の人間を育成すること』からですもんd(o゜◇゜o)ネッ
シュタイナー的にいうは….
全人として機能させる能力を開花させるのが不可欠ってことで・・


★全人に関しては以前にも書いた引用ですが★
——-
<体の区別>
 1.肉体–物質で構成されたもの
 2.生命体–生命を与えるもの
 3.アストラル体(魂)–共感反感などの内界・意識を与えるもの
  (ここまでが低次の要素)
 4.★自我(私)–世界で唯一の自分
 5.変化したアストラル体としての霊我
 6.変化した生命体としての生命霊
 7.変化した肉体としての霊人 

….これら7つが活性化され初めて全人となりフルパワーとなる!
—————-
全人については
>>神秘の側で
 https://yuki.the-xx.com/?p=393
>>尊敬から発展へ
 https://yuki.the-xx.com/?eid=52818
で書いています(^-^)

■今年もフルパワー目指して頑張る所存ですハイ(^-^)/

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP. 42

高次の人間は絶えず進化している。けれどもその進化が合法則的に
生じるためには、上述した安らぎと落ち着きとか存在しなければな
らない。(略)自分の魂の中の内的平静だけがそうできるのである。

そして上述した安らぎとは、わざわざ丁寧にも例として

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP. 43

例えば誰かが彼を傷つけたり怒らせたりしようとして語った言葉が
耳に入ったとしよう。修行以前の彼ならそれを聞いて、傷ついたり
怒ったりしたかもしれない。神秘学徒としての道を歩き始めた今は、
その言葉が心の中へ入る以前に、心を傷つけ怒らせる毒針をその言
葉から抜き取る術を彼は心得ている。
別の例を上げよう。待たされると、すぐにイライラしていた人が、
神秘学徒としての道を歩み始めた。彼は内的平静の瞬間にイライラ
することの虚しさを感情として集中的に体験した結果、焦燥感を体
験する度にすぐこの感情が意識されるようになる。すでに現れ始め
たイライラが消え、焦燥感と共に虚しく失われた筈の待たされてい
る時間を、彼は有益な観察に費やすようになる。

と書かれていますd( ̄ ̄ー ̄ ̄)ねっ

けれど、ここまでシュタイナーがベタに説明してくれてるのに汗
私ったら、まったく適当に受け取っていたというか・・・
想像力が欠如していたとしか言い用がなくて残念ですぅ^^;
実践を続けて20うん年・・・
これだけのことすら出来ていなかったということに笑いがでた

アホすぎる・・・

しかし、【内的平静】という課題をやっと昨年のタロット課題により
本当の意味で実践できたことは進歩なのでよかったです。ホントに
>読書と実践の谷間は、果てしなく深いですo(`・д・´)oウン!!

敗因は『真剣かつ誠実に実践していなかったから』だけれども
成功の手順はと考えてみると・・・

1. タロットの課題について【内的平静】の時間を持つ

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP. 42

この時間の中で、人は完全に自己を日常生活から隔離する。思考と
感情の営みは日常の時間における場合とは異なる色合いをもたねば
ならない。そして自分が体験する一切をより客観的な観点から見る
ように心がけねばならない。神秘学徒は特定の時間の中だけでも、
自分自身を他人であるかのように見做しうる能力を身につけねばな
らない。批評家の冷静さをもって、自分自身を観察しなければなら
ない。これが可能になれば、自分の体験内容が新しい証明の下に現
れてくる。苦悩の悦楽も、そんな思考内容もどんな決断も、このよ
うな態度で自分に向き合うときには別の現れ方をする。

「タロットの課題なんて取ってないよ!」って方には、
申し訳ないけど、自分でそれに変わる何かを見つけてほしい!
でないと相当に難しいと思ってよいというしかない。
その意味で、これらを参考に読んでみてください。

4度にわたり昨年の課題に『ビックリするな』『不快に思うな』
と出て、そのことは【試練の先には】でふれていますが
 https://yuki.the-xx.com/?eid=950012

■まず【内的平静】の時間には….
タロットの課題(それに変わるもの)を逆説的にイメージしちゃお。
怒りや不機嫌をはじめ、その月の課題に対し

いつもの自分の弱点を思い浮かべ、きっと「なにそれ?!(-_-;)」と
不快に陥ったりするんだろうな・・ と認める。
そして、予測を立ててみる!例えばd( ̄ ̄ー ̄ ̄)
こういう場合は、十中八九相手が悪いと思える要素があり
自分の怒りや不快を正当化できるんだろうな・・ とか。

■それが出来たら「これを克服せねばいけない課題」 とし、
発想転換のために、捏造ぎみの神様イメージなどを作ります(笑)。
例えば・・・・
神様(守護天使)は、勝手にプレゼントを授ける権限はなく、
 克服課題の合格と引き換えでしか与えたいものが与えられない

みたいな(笑)。
『だから、せっかく準備してくださっているプレゼントは
 頑張って受け取ってあげねばいけないだろう!
 これはプレゼントのための実力テストだ!合格するぞ!
 不快になったり恐怖に負けたりしないぞ!』
とイメージする(笑)。すると重さが軽減されます手

そうしたら仕上げに…
■朝晩簡単にできる短い呪文を作る
「何それ!?(-_-;) と不快に思ったらテストだよ」
「何それ!?(-_-;) と思ったら「いらっしゃいませの精神」」
と、
不快な心境が浮かぶと即、
「いらっしゃいませーー!」と歓迎ムードに変えるイメトレを実行。
勿論、言葉だけでなく『いらっしゃいませ=歓迎の気持ち』
でなければ意味無しですよん。

■それが実行できるよう体調にも注意
体がしんどいと難しくなるから。。

以上。
それらの下準備を一日5分でもいいから誠実に行うことで
とんでもなく非のない不快な展開が勃発しても
間違いなく複数の人がクリアしています!!これ事実(*^_^*)
思うに・・↓

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP. 40

次第にこの高次の生活が日常生活にまで影響を及ぼし始める。隔離
された瞬間内での内的平静が日常生活に働きかける。もはやどんな
突発事件によっても取り乱したりしなくなる。

というのは….
条件反射のように自然に課題をクリアする状態ができるの(*^_^*)
課題なしで自分なりにしていたい人は、その月の具体的課題はなしで
全ての反感や否定的感情に対し常時準備しておくことかな。

・・・ということで、
高次の人間の育成という課題が、いかに難しいかですが、
実践を少しでも有利に前進させるために必要なのは、
こういっちゃぁ変ですが・・・
自己認識する前の『無知とアホの自覚』だと思います(^.^)

■基本的に、自分を厳しく見るのは不可能ですもん(笑)。

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP.

可能性はすべて、人間の魂の中に潜んでいる。それを目覚めさせる
ことができればよい。人は自分の悟性や理性をも、どこにその弱点
があるのか、平静な態度で解明できたとき、はじめて向上させるこ
とができる。勿論このような自己認識は決して容易ではない。なぜ
なら自分自身について幻想をもとうとする誘惑ほど逆らい難いもの
はないからである。自分自身に対して誠実な態度をとる習慣を身に
つけなければ、高次の認識への門はひらかれない。

上にあるように….
自分で自分のことは『善良』だとか『正しい』とか
自己愛のお陰でキチンと考えもせずに、そう思ってます。
それって理由無しにそうなんだもん(人д〃)ネッ
例え、間違った言動をしたとしても、
人が間違った言動をした場合とは違い、恐ろしく簡単に許します手
その言動が悪意でなされたものではないとか思っちゃうしね(^^ゞ

だから、その誘惑に予防線を張っておくのが鍵d( ̄ ̄ー ̄ ̄)
自分は【あらゆる意味で不出来で無理解なはずだ】と思っておくこと。
そうして、0点からスタートする気持ちが楽なのです(笑)
多少でも世間のことを知ってるなんて思うと、それが事実でも
余計なときに、いちいち自分は正しいという反感が顔をだし
ものすごく大きな落とし穴になり成長を妨げてきます汗

例えば・・・・
あの人のやり方、まずいんじゃないの?」と思うときに
それがどんなに正当でも、相手を正すほうに思考を向けるよりも、
『自分が正しいと思っているのと同じくらい相手も自分が正しい』
と感じていて、
『自分が今「我」を通そうと思っているのと同じに相手も我を通そう』
と思っているなら・・ と、あえて思考してみるほうが功績は大きい。

”自分の弱点がより見えてくる効果がありますよん”

しかも、我を通さなくても全く支障がない場合がほとんど(笑)。
それを我慢して義務的にするのでなく、
自分からススンデやってみるのがポイントです。
それが出来ると、不思議(*^_^*)
今までになかった促進的な発想がどんどん出てきます!

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP. 40

新参の神秘学徒は徐々にではあるが自分で自分を統御できるように
なり、外的事情や外的影響の支配を受けずにすむようになる。これ
まで不安を呼び起こした無数の事柄も不安の種になることをやめる。
ひとつの全く新しい生き方を彼は身につける。
人生を充実させ促進させるような考えがあとからあとから、これま
での衰弱と抑圧をもたらす考えの代りに、現れてくる。

これが「自分自身の主人になる」ということだ!
と爽快な気分と共に自覚できるでしょう。
あらゆるマイナス感情が自分で統御できるという事実は、
本当に驚くべき事だと知ることになりますよん(*^_^*)
是非、今年は弱点越えで爽快感アップを目指しましょ!

『幸運アッププログラム』はこちらを参考に。
 https://the-xx.com/index1.php#up

●参考バックナンバー

>>神秘の側で
 https://yuki.the-xx.com/?p=393
>>尊敬から発展へ
 https://yuki.the-xx.com/?p=297

●引用したシュタイナー書物

*いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか
 左メニューバーに著書あり☆

■ルドルフ・シュタイナーとは■
1861-1925年。
教育学・医学・農業・建築・社会論などの分野に
業績を残した哲学博士です。
単なるカルトおじさんではなく、ヨーロッパでは
教科書にも乗るほどの人ですので、安心してお読みください。

*;*;+*+ *:*’*+
|●実践経験&素直な言葉 
|<<主体性が足りない>>

2010年の運勢をタロットで見たら「主体性のなさ」が出ていた。
主体性と改めて言われると、辞書で引いたり(笑)
色々と考えてみましたが、なかかなこれという対策がなく・・

しかし、読書をしていてある項目にピンときた。それは
願望のあり方の教育が必要ということで、
 

人は決して満ち足りてしまってはならない。なぜなら
 われわれが達成すべき事柄はすべてわれわれの願望の
 対象であるべきだからである。

という「願望が実現の力」という意味もあり・・
願望がないことに気づいて、願望を探し中ですし、
またTVを見ているときに『燃え尽き症候群』というのを聞いた。
前回の記事で、
現代では、自分がなにをしたいのが分からない人がかなりいます。
という引用をしましたが、Σ( ̄□ ̄||)ええっ!!私? って(笑)。

そういえば、クライアント様によく「佐藤さんは悩みがないから」
といわれて、「いえ、そんなことはないですよ。」と言った後
考えてみると「まぁ、今は浮かびませんが(笑)」という展開だな。
と思いました。まったくもって現状で良いと思っちゃってます!

そういえば….
よほど良い暮らしをして、良いもの食べて、
平和で悩みもなくと思われているようですが、
不安や不満がないのは、逆に『何も所有していないから』では?
という、失う物も大してないし・・という発想な気がするし。
お金も沢山要らないし、洋服にも食事にもさほど興味はないし、
私の暮らしを想像するとほぼ隠遁生活。若隠遁でしたよ(^^)

不安や不満や悩みは頓着しないと薄れるのかもと思います。
しかし、現状維持に甘んじる物に決して現状維持はない!
というのも、運勢をずっと見せて頂いてて知っていることです。
現状を維持するには、それ相応の努力と主体性がいるのです。

だから・・主体性が薄れたら終りということで・・・
絶対に新たな目標をもち、願望を持たねばと探し中です!
1つ思うのは、美容にせよ健康にせよ知識にせよ
内側ばかり重視しないで、外から分かる目標を持ちたいな。

──────────────────────────────
|●シュタイナーの言葉

 人は完全に高次の真理内容と1つにならねばならない

 単にそれを知るだけでなく 飲んだり食べたりするのと同じ

 生きた行為の中で 全く自然に血肉化しなければならない

|★:*:-”☆:*:-”★:*:-”☆:*:-”★:*:-”☆:*:-”

   ・・・・・・・・後記・・・・・・・・

前回のアンケートは…
『あなたがつい「待てないシーン」はどれ?』でした。
のべ 23人の方、ありがとうございました(^-^)
1位『否定的なことがあると、すぐ反論してしまいます。』 6票
2位『嬉しいことがあると、良いことだと信じちゃいます。』5票
  『欲しいものやお得な情報には、すぐ反応しちゃいます。』
3位『意味が理解できないと、すぐ人に聞きたくなります。』4票  
4位『ビックリすることがあると「ありえない」と決め付けます。』3票

では、今回のアンケートは..
2010年も雪マガを発刊し続けられるのが不明な私です。
さて、
  ========
  カテゴリとしてどんな内容に興味がありますか?
  ======== 複数クリックOKです。

1 霊的宇宙論関連
  https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?1

2.カルマ論関連
  https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?2

3.人間の気質関連
  https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?3

4.健康や食事や病気関連
  https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?4

5 雑談を含めた実戦経験(今回みたいな感じ)
  https://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?5

 発行: Active Tarot Reading 佐藤 よし子
 https://yuki.the-xx.com/

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました