2010年はどうしよう

この記事は約1分で読めます。

ご挨拶が遅れました。
あけましておめでとうございます。
運勢の仕事が終り、意外や意外で年の後半から
色んな職業の方の運勢が意外と上り調子なのを見て
「もしかして、2010年の後半は景気が上昇するんかな」
とか思ったり、
はたまた、うちのお客さんたちの業種がよくなるのかな
とか思ったり・・・。

今、考えてるのは、このブログとメルマガの廃止か継続。
実践とは、どれほど同じ地味なことを繰り返して
慎重に慎重に自己認識ができるかの根気なのだと
年末年始に深く実感したので・・・

結局、同じことを書くばかりになってしまうでしょ?!
それを退屈せず読んでくださるなら嬉しいけど、
やっぱり退屈だと思うし・・・
要は、自分のための実践日記ですから、必要性はどこにあるか?
ですよね(^.^) どうだろ・・・

自分達は願いを叶えたいとばかり思ってる・・・
ということに気付く瞬間は気持ちがいいけど・・・

コメント

  1. 空樹砂波 より:

    はじめまして。いつもメルマガ配信頂き、ありがとうございます。
    >今、考えてるのは、このブログとメルマガの
    >廃止か継続。
     とのこと。

    >結局、同じことを書くばかりになってしまう
    >でしょ?!
    >それを退屈せず読んでくださるなら嬉しいけど、
    >やっぱり退屈だと思うし・・・
     他人(読者)がどう思うかで、ご自分の行動を判断しないでください。
    雪さんご自身が
    「発信したい、私が発信し続けなくては。
    読者がたとえ最後の1人になっても
    読んでくれるひとがいるなら書こう」
    と思われるなら、続ければいいのではないでしょうか。

     一読者としては、メルマガ止めて欲しく無いです。理由はふたつあります。

    ひとつは、私は昨年秋にシュタイナーに関心を持って、札幌近郊のシュタイナー関連イベントに参加するようになり、雪さんのブログを探し当てて
    喜んで登録して読者になったばかりだからです。それを著者に
    >結局、同じことを書くばかり
    と断定されたのは、いささか腑に落ちません。
    こちらは新鮮な気持ちで、やっと出逢えた嬉しさを感じながら拝読しております。

    もうひとつの理由は、
    「同じこと」と思っておられるのは、読者でなく
    雪さんではないですか?
    少なくとも私は、もし同じ箇所の引用であっても、その時々で新しい発見があったり、より深く読み取る事に成功する可能性を感じます。同じ箇所の引用でも、「自分にとっての意味」は変化し続けるからです。

     といっても、おそらく「同じことを書くばかり」と雪さんが思われる状況も、幾分かはお察しします。「ほかにしたいことがあるのに」と思われるのかもしれません。もしそうであれば、思い切ってブログもメルマガもやめましょう。HPやブログは作者ひとりで書くしかありません。それはけっこうキツいと私は想像します。共通テーマでの交流しあうにはmixiにコミュを作るとか、ほかにも方法はあるでしょう。やめる!と宣言するのは惜しいなら、「ちょっとお休みします」でもいいのでは。

     *
     別件ですが、占いは個人的にお願いできますでしょうか?私は今札幌に住んでいますが、もし雪さんが関西圏にお住まいでしたら来る5月2日から9日まで和歌山、大阪、神戸、京都に参ります。

    急ぎませんが、占って欲しい内容が結構大きいです。「なぜ、それを悩んでるのか」説明するとしたら、過去から今の私の全体をお話するようなことになってしまいそうです。でもその必要がないなら、意外に短時間ですむのかもしれません。

    表面的には、私は今、精神病院で薬剤師をしていますが、全然興味関心もてず、積極的に勉強する気はありません。
    絵を描いたり 何かを作ることが アーティストではない人々や また殊に虐待を受けた子供時代の無かった人々には 心身が健康に向かう事にいかに有効であるかを知らせる、そういうことを仕事にしたいと思っています。でも具体的にはこの先何をどうしよう?と思うばかりな状況です。作品のグループ展をし続けたり、これまで私がいかに「意識的に作る」ことに助けられたかをお話する会を開いたりは、今年しようと思っています。

     なかなか、頭での思考偏重な現代にあって、自分の気持ち、感情、内的必然性にいかに気づくかは難しいと思われそうですが、絵を描いたり作ることでそれにかなり近づけると私は自分の体験から確信しています。

     突然のお願いですみません。占いの料金もお知らせ頂けると嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました