雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

多血質の苦しみと生きる道

★2000/6/15月号★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■
タロット&神智学の智恵
【多血質の苦しみと生きる道】
素直な喜怒哀楽【待つのが得?待たせるのが得?】 *:・°

□■Active Tarot Reading☆

今回は、気質的に心労の多い「多血質」について書きます。
自分がそうだとわかる人、
友人は、きっとそうなんだ!と思う人、
いろいろ出ると思いますが、
他の気質は、さほど成長できなくても日常生活は、それなりに過ごしますが、
この気質の人は、精神の成長がとても重要です!
気質の把握は、どんな人生にも、職業にも生きますので、
今後も深めていけれれば・・・と思っています。

●タロット&神智学 の智恵
【多血質の苦しみと生きる道】

人間には神智学的観点orタロット的観点から見て共通する「気質」があります。
「気質」というのは、性格とは違い
繊細さや、何に共感と反感を覚えるかというような
性格の基盤となる生まれ持っての傾向で、
性格は、それがどのように長所・短所として現われているかという
「その現われ」だと思います。

中でも落差が激しく、本人にとっても苦しい気質である
★多血質、タロットでいう剣(ソード)系気質を挙げて見ます。

この気質をお持ちのあなたは、
・小さい頃から正義感が強く
・それ故、周囲との対立もあり、苦しい思いをされたはず
多血質を示すタロットカードは、研ぎ澄ました両刃の剣です!

周囲を傷つけ自分も傷つくことと、いつも隣合わせの芸術家気質。

【身体的特徴の一部を挙げますと】
・目が細い(丸くない)
・生涯太れない、かなり太りにくくやせ易い

そんな人です。

【精神的特徴は】
・崇高なもの、究極的理想を心の糧とし、実行しようとする
・厳しい考えの持ち主(自分と他人に)
・鋭い精神で、自分も傷つきやすい
などがイメージです。

この気質は俗人とは違う考えをしやすいのが特徴で、
忍耐強く勤勉に生きると、その崇高さゆえ、
マザー・テレサのような真似の出来ない理想を身を持って実行するのも可能。
シュタイナーもこの気質です。
成功は、長い周囲の不理解の後となる『先駆的』な人。

俗人的気質・現実的気質の人には、鼻につく存在なので、
多数派の中傷の的にもなりやすいのです。悲しい
あなたが「多血質」の場合は、必ず今までにそれらを経験したことでしょう。


今回、多血質を例に挙げたのは、この気質が異質な事件を起こし易いからです。
常に抑圧や反骨精神があり、人生を穏やかに過ごしにくいのです。
どっぷり体格の良く、筋肉質体形の胆汁質なら
(胆汁質、タロットで棒(ワンド)気質の人)
乱暴に殴ったり、力に訴えるでしょう。
気の弱い・憂鬱質の大人しい人が起こすストーカー事件とも様相が違い
多血質の人は、繊細で理想が高い分、反社会的な事件になりやすいです。
自分になされた批判を、自分の理想で押さえつけようとするでしょう。

そんな時に、多血質の苦しみを開放するのは、
・慈愛 ・博愛 ・寛大 などの正しい理想主義です。
会社でも友人関係も恋でも、いつも苦しみと直面しやすい、
多血質のあなたは、本当にあなたを生かせる
忍耐と成長を促す理想主義を持って、力強く歩んでください!

また、このタイプは、ストレス発散のための
・飲酒 にも溺れる傾向になり、
なるべくお酒から、遠ざかる配慮も必要です。
もし、ご自分のこの気質に苦しんでおられる方
周囲でそのような傾向の方がいらっしゃいましたら、
忍耐が数倍大きい花を咲かせる事実を理解して、
希望をもつようにして下さいね。

----シュタイナーの言葉----------------
あなたは外的な諸条件が命じる事柄と、自分自身が
正しいと考えることがらとの間に立って、
中庸の道を見いださねばならない

あなたの理想をすて、社会にばかり合わせるのでなく、
また周囲が理解できない理想を押し進めるのでなく、
理解をえながら実現に向ける忍耐力を獲得すること!
頭の良いあなたには、必ずできるはずです!
それが「多血質の生きる道」であり使命なのです。

*・*・・*・ *・*・・*・
●お答えコーナー

*;*;+*+ *:*'*+
●実践経験&素直な言葉
<<待つのが得?待たせるのが得?>>

人間の気質は、犯罪・恋愛・日常のこだわり等、
いろんな所に現われているので、
忍耐強くそれを理解する術を得る事は、
どんなことも、ある程度見通す「確信」を得る事につながり、
より力強く忍耐できる自分になるものです!

そして「忍耐」というのは「我慢」ではなく、
自我を抑え、観察力を使って少し様子を見る習慣です。
それにより他人の「真意」が見えるようになるでしょう。

場違いな意見がまかりとおる時も、
偏見に偏った意見を主張する人がいる時も、
成長の早い者が、後からくる者に寛大に接するのが鍵。
それは、神智学の導師も世界の導師も同じ。
成長の進んだものは、私達の無知さに付き合いながら
その大きさゆえに私達を引き上げてくださるんです。

そして、いたる所に人間の成長の早い遅いは存在しています。

ハッキリ言って、強い人は忍耐せねばならず
常に忍耐をさせられぎみで、可愛そうだし・・
一見、弱い人は自分でくよくよ悩むわりには、
厚かましく人に打ち明けたり、文句をいったり・・、
どちらが可愛そうなのか、わからないときも多々あります。

文句を言う人は、スッキリできますもんね。
けれど、見る人が見れば、ちゃんと理解されるし
何より余計な悩みがでず、自分自身はすごしやすいです。
そう思えば、自分で対処できる方がやっぱり良いでしょうし、
見習いたいのは、強い人のほうですよね。

いつも友人はちゃんと選んでいたいし、
恋人に求めてばかりより、自分で幸せになるのに関与したい。
強い人は、ときに
「なぜ自分ばかり耐えて・・」と思うでしょうが、
よしとしましょd(^-^)
1000年も前から「一刻も早くここ迄来ておくれ!」と、
長い間、時が満ちるのを待っている魂もいるのですから。

 by Active Tarot Reading

■関連する記事■

拍手する

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

      2018/05/11

 - 雪マガジン・バックナンバー

Translate »