雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

「 雪マガジン・バックナンバー 」 一覧

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか【条件】第2回

★2000/2/15号★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■
タロット&神智学の智恵
【いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか【条件】第2回】
素直な喜怒哀楽【重い気持ち】 *:・°

□■Active Tarot Reading☆

今年の風邪はA型とB型の2種類あるらしいです。
私は順に二周りしていて、喉痛から鼻までフルコースを2回!
皆様もうんと注意して下さいね。
はっきり言って鼻の下、むけてますポロリ

●タロット&神智学 の智恵

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか P.28
 しかしそれが外的な生活規則にとどまっているのでは、何の意味もない。それはわれわれの魂の最も内なる部分で有効に働いていなければならない。
人間の自己改革は内なる思想生活の深みの中で遂行されなければならない。ある存在に対する敬意を態度に表しただけでは不十分である。この敬意を思考内容として持たねばならない。
 まず第一に畏敬の念を思想生活の中に受け入れること、それが神
秘学徒の出発点である。自分の意識の中にある不遜な、破廉恥な思考内容や軽蔑的な批判の傾向によく留意し、まさに畏敬という思考内容を育てることから始めなければならない。

私は本当に信じて進歩したいと16年前に思ったのでした。
私は気質論で言うと、主に「水と風」が多くを占めており、
特に風の特質が出ている場合は、
シャープになり軽べつ的・批判的な傾向に強く傾きます。

ばかばかしく、気恥ずかしいような気持ちですが正直にお話しすると
実践により、かなりの部分で楽になりました。
自分の中で何かが新しく目覚めるのではないか?
と、いつも期待と前倒しの喜びを感じ自分を見張りました。

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか P.29
 世界と人生とについて判断する際に、軽蔑したりさばいたり批判したりしようとする自分の態度の中に何が潜んでいるのか。それに注目しようとする瞬間は常にわれわれを高次の認識へ近づけてくれる。そしてこのような瞬間に、われわれは意識の中の世界と人生についての思考内容を讃美、敬意、尊敬で満たすような場合、われわれは特に急速な進歩を遂げる。

先日、昔のノートが出てきたんですよ~。
<考察のページ>と書かれており、そこには、
いらついたり
人を批判的に思ったりしたとき、

相手の名前を書き
・うるさい
・やりたくないことを求められる
・いうことが違う
・気まぐれ etc.
と、何にいらつくか?何が嫌いか? が書かれていて、
最終的にはいつも「自分にとって何事かにすぎない
と書いてありました。

その人はなぜそうなのか客観的に心情を理解し、
相手の対応でイチイチ自分の心にいらだちを取り込むのは
マイナスであると、繰り返し学習していたいたみたいです。

(さらに…)

「霊」という語句についての説明

★1999/10/13★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■
☆彡
タロット&神智学の智恵
【「霊」という語句についての説明】
素直な喜怒哀楽【夢の経験】 *:・°

□■Active Tarot Reading☆

皆さん、希望に燃えていますか?
最近、独立、移転などの相談が多いです。
前途は厳しい場合が多いですが、でも、必ず対処策はあります。
視点を正しくして幸運のヒントを掴みたいものですね。

私は、お疲れ気味。… more

Translate »