雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

シュタイナーの食事実践

くもりの日曜日。好きなマラソンを見ながらハーブティーを飲んでいます。
先日スーパーで買った安物なんだけど、ハイビスカスは苦手なので、
ティーパックの「破片寄せ集め」くらいの方が香りがなく飲める。LONDON Fruit&HerbLONDON Fruit&Herbというスーパーでデパートで良くみかけるタイプです。私、アセロラのジュースとかも苦手なんやわ。なんででしょう??でも、実や花は必須な私なので色々と試していきたいです。
ところでベジタリアンは、乳製品も取らない人もいるとのことですが、シュタイナー実践では、乳製品は取らなくてはいけない。
理論の説明は簡単にできないのですが、そうなんですニコニコ(笑)。
でも、牛乳を消化する酵素が日本人には少ないとのこと。
私も、牛乳そのままでは痰が多量にでるなど消化が厳しい典型。
・・・なので、バターをパンにぬる程度が良いかな。
健康と食事病気と治療ここのところ『健康と食事』と
病気と治療をよく読んでいます。これも基本が分からないと、読めたしろものではありませんのでおススメはできませんが汗 菜食に関してもシュタイナーらしく

人智学(アントロポゾフィー)的な生活をしていると、肉食に吐気を催すようになってきます。人智学者は肉食を禁じるというのではなく、健全に進化した本能が肉食を寄付けなくなるのです。そのようにして肉食を好まなくなるほうが、抽象的な規則から菜食主義者になるよりもずっと良いのです。それ以外の方法で肉食をやめるのは、あまり価値のあることではありません。

と書いてあります。
そっか、高級ステーキをご馳走され苦しんでいる私は真っ当なんだ(笑)
次回から「あわび」や「伊勢えび」を注文しようっと。そうすれば大丈夫だ!モグモグ

■関連する記事■

    None Found

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

   

 - 出来る範囲の健康と食事

Translate »