雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

魂の世界と物質の世界

★2006/10月号★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■
☆彡 タロット&神智学の智恵
【魂の世界と物質の世界】
素直な喜怒哀楽【おもしろい心理テスト】 *:・°
シュタイナーの言葉 ☆彡
後記・・・
シュタイナーが書いた書物を何冊もっていますか?
□■Active Tarot Reading☆

外にでていると秋祭りの準備で、皆がバタバタしていた。
スーパーでは、お寿司やデザートがいつもより沢山売ってた。
子供にとっては嬉しい日になるのでしょうね(^o^)

|●タロット&神智学 の智恵
|【魂の世界と物質の世界】

今まで何度となくシュタイナーの神智学=アントロポゾフィーの基本
人間の構成要素」について書いてきまいしたが、
また皆さんもお忘れになったかもしれませんので繰り返してみますね。
以下の図が現在の人間です。

民族魂の使命 P.17
精神科学的に人間を描写するとき、わたしたちは物質体、エーテル体、あるいは生命体、アストラル体、そして人間本性の最高の構成要素としての自我を区分します。物質体、エーテル体、アストラル体、自我と名づけうるもののなかに、わたしたちは現在の人間を見ることができます。

>>人間の本質は

 <体の区別>
  1.肉体--物質で構成されたもの
  2.生命体--生命を与えるもの
  3.アストラル体(魂体)--共感反感などの内界・意識を与えるもの
  (ここまでが低次の要素)
  4.アストラル体の中で働く自我(私)--世界で唯一の自分
  5.霊体 ...複数段階あるが以上省略...

 <機能の区別>
  1.肉体--物質的法則に従う
  2.エーテル体or生命体--一定期間、肉体の分解から護る
  3.感覚魂orアストラル体--共感反感など印象を受取る
  4.悟性魂--知性
  5.意識魂--真理とつながる
でしたね。

民族魂の使命 P.24
人間の睡眠状態を思い浮かべてみてください。睡眠状態においては、人間のアストラル体と自我は、物質体およびエーテル体から外に出ています。物質体とエーテル体をベッドの上に残して、アストラル体と自我は物質体とエーテル体の外を漂っています。この状態にあって、昼間の意識的な意識のように、霊体のなかで、「私は一個の自我である」という意識が目覚めた、と考えてみてください。そうなれば現在においても、人間は注目すべき光景を目にします。
あるところでは「わたしはここにいる」と、感じます。そこから、
ずっと離れたところでは、「あそこに、わたしの物質体とエーテル
体がある。物質体とエーテル体はあそこにあって、わたしに属して
いる。わたしのアストラル体と自我は、その外にあって漂っている」と、感じることでしょう。

自分が実はこのように構成されているという想像はしにくいものです。
そこで角度を変えてイメージしてみましょか?d(^-^)
例えば.....
「出かけるぞ」と言えば、魂だけで外出できると考えてみましょ。
さぁ「出かけるぞ」とおまじないをして魂だけで飛び出します。
すると、そこには「借り物の肉体」とそれを生かしている「生命体」が
合体したものが残されているのを見るでしょう。
生命体=エーテル体は.....
魂が完全に抜けてしまうと一緒に抜け出て、肉体は崩壊しますので、
魂でお出かけをする際には、体にリンクさせておくとイメージしてね。

では、どんな体を借りたいですか?
イヌになりますかバッタになりますか?

物質界での魂は、肉体の器官に依存しています。
昆虫になれば、触覚しか働かなかったり、目が見えなかったり、
鉱物に「生まれる」ことは不可能ですが、憑依したなら手足も脳もありません。
私達は物質体を、魂とは異次元の物質から借り受けているのです。
そう思えば.....
低次の物質体に入っていることは、自由な魂にとって窮屈だと
想像できますね。そういう例えが聖書に頻繁にでていますでしょニコニコ

本来、自由な魂にとって、異国の物質体で生きることは、
「十字架にかけられていること」のように不自由なことでしょう。
とにかく。。。
物質体は物質体、魂は魂。
全く別のものだとイメージできたかな?
では、魂の世界と物質界との区別をつけてみましょうか。

内面への旅 P.82
事物が空間上を3次元的に拡がっている、というのは、誰でも知っている事実です。一方、魂の中に存在するものは、空間上に位置づけることができませんから、空間上に存在する物質や素材とは違う性質をもっている、と言わざるをえません。

上の文章にあるように、物質界に存在するといえるのは、
空間上を3次元的に拡がっているものだけですから、魂には異質な世界。
抜け出た魂は、先ほどイメージしたとおり空間に位置していません。
魂は、アストラル界という魂の集まる場所を本来の場所とします。
イメージしてみると、動物を最下位に人間、天使、大天使など、
魂以上の構成要素で出来ている存在が魂界に住んでいます。
>>「天使と人間」も参考に 

例えると、保育園児・小学生・中学生~大学生以上まで
一緒の場にいて学びあうようなものでしょうか。
地上で言う保育園児と大学生の違いは、年齢ですd(^-^)ネ!
でも魂界では、ちょっと違うのです。

西洋の光の中の東洋 P.199

人間の内面は空間的なものではなく、時間的なものです。魂の営みは
時間のなかを進んでいきます。私達の周囲にあるものは空間の中に集
まっています。人間の内面を経過していくのもは時間の中に集まります。

【学ぶ】【成長する】という「前進」を真の意味で「時間」と呼びます。
「時間と空間」の時間とは、時計の針や日没に依存した時間でなく、
”自分の中の成長や進化、魂の進化”をいうのです。(^^)
そんな魂界の「進化の法則」は、時計の針や日没の進み具合でなく、
【真と善の法則】により進化が計られているのですよん。
霊的世界の進化に従って魂を磨くものは進化しているとします。
ですから日没と関係なく、寝過ごしている人もいる訳で汗

では、霊界とは何なのでしょうね。下の言葉をもとに
魂界とごっちゃにならないよう考えてみましょうか?!

P.80

善と悪を超越する神的ー霊的存在の象徴を、私達は外界に探さねば
なりません。

この言葉の意味は、ややこしいですが・・・
善と悪とは、真と善の法則の世界=魂界(アストラル界とも呼ぶ)を
さしますから、その魂界を超えた「神的ー霊的存在」とは、
神界=叡智そのもののことです。その神界をイメージすると、
叡智のあふれ出ている泉とでも考えられるでしょうか!もしくは、
水のひとつひとつを千と千尋の神隠しみたいに、川の神様だと思ってみて。

高次の役割を担った神様たちの世界と思い浮かべればGood.

民族魂の使命 P.42

しかし、進化には、独特の秘密があります。それぞれの段階で、ある
存在たちが進化から取り残されるという法則です。それらの存在は、
通常の段階に至らず、以前の段階で持つべきであった性格を、いま持
つのです。彼らは、まったく独特の方法で進化から遅れます。
宇宙を司っている偉大な叡智によって、彼らは進化から遅れたのです。

今回は、なぜ進化から遅れるのかという核心的な話は置いておいて!
簡単に言うと、進化から遅れることで正規の道を進むよりも
大きな力を得て、人々に働きかけることができると考えてください。

神さまの高次の役割において、生じることは。
例えば、同学年の大学生の神さまがいたとしましょう。
ひとりは、無事に卒業し博士課程を修了して大学教授になりました。
もうひとりは、卒業を前にチョット横道にそれ留年したものの、
自ら獲得した知識で大学教授にまでなりました。。。
大学の中で順調に勉強をつみ教授になった神さまと、
横道にそれて獲得した知識で教授になった神さま。。。
想像する人にもよりますが、後者の神さまに力強さを感じませんか?
それが、神界=叡智の世界で必然として起こるイメージです。

けれど、それが魂界に下って魂界の法則に従い表現する場合は、
正しい神さまと、落第した正しくない神さまという表現になります。
本来、善でも悪でもないものが、魂界においては善悪になるのです。

この神さま達が、下界へ働きを及ぼすならば、
正しい神さまは、私達を横道にそらすことない魔法をかけようする
必然的な正しさのみを与えてくれる神さまであり、
正規の道を辿らなかった神さまは、私達に間違える自由、
不幸になる自由、いわうる自分で選択する意識を与える存在!

プロメテウス伝説やアダムとイブ、カインとアベルなどの物語は、
皆、そのようなことを伝えているのですねぇ~。
なるほどでしょ!?
では、そのように複雑に織り成した世界に生きる私達は、
いったい、どうしているのがベストなのでしょうか?
それを知りたいですよ(^_-)ネッ。

内面への旅 P.84

『自分の魂の中で時間の経過がどのように生じるか』
だけに注意を向けて下さい。そうしたら・・・
外的な知覚から離れた時間を考察することができないこと
に気がつくでしょう。何かを見たり聞いたりしたあとで、
魂の中に思考が生じるからです。
皆さん自身と皆さんの思考との関係がどうであるかと、
厳密に知ろうと思うなら、思考内容を作り出す私達自身が
思考内容になっていることを知らねばならないのです。
ひとつの考えに没頭しているとき、同時に「私である」
という思いを、それとは別にもつことはできません。
もしもそうできると考えるなら思い込みにすぎません。
考えに耽っているときは「私である」のでなく、
私達自身が「考え」なのです。

では、もう一度、意識を物質界に戻してみましょう。。。
「ただいま~」と、自分の物質体に戻ったとイメージしてね。
すると.....
魂は、そもそも魂界という物質界とは別の次元で生きていると言っても、
物質体を借り受けている間は、借り受けた物質体の能力と器官に依存して
人間として、受けた教育や環境から来る「思考と一体」になり
考え=自分自身となっています。
脳味噌という器官で、間違いでもナンでも考えることが自由です。

でも、肉体を離れて魂界に入ると真と善の法則から逃れることはできません。
真と善の法則が脳味噌の代わりです。不遜な考えはしません。

ある意味、肉体に生まれるというのは、自由意志の獲得であり、
正しいことだけ見出せる魂界と違う行動を取れる唯一の世界。
逆に、正しいことだけ見出せる世界とは違って苦しみも多いはず。

それでも「考え=自分自身」なのですから、
眠りを通して真と善の世界へそれを持ち帰ると思えば、
せいぜい良い考えをして、良い存在と親和することが大事。
毎夜、良いお土産をもらえるように、
悪い考え・不安・怒りetc.をはびこらせないのが肝心です。
悪いことを考えている人には、悪いことが起こるというのは
考え=自分自身なのだと思えば、当然といえますね(^^)
気をつけよ~。

常に「前向きな考え」で周囲の中で輝いていること。
そうすれば、明日には間違いなく良いお土産が授かるでしょう。

別の角度から書いた「魂と時間の関係」は
>> http://yuki.the-xx.com/?eid=52837

●引用したシュタイナー書物

* 民族魂の使命/イザラ書房 2800円
* 西洋の光のなかの東洋
西洋の光のなかの東洋/水声社 2575円
内面への旅
内面への旅
* 内面への旅/筑摩書房 2200円

■ルドルフ・シュタイナーとは■
1861-1925年。
教育学・医学・農業・建築・社会論などの分野に
業績を残した哲学博士です。
単なるカルトおじさんではなく、ヨーロッパでは
教科書にも乗るほどの人ですので、安心してお読みください。

*;*;+*+ *:*'*+
|●実践経験&素直な言葉 
|<<おもしろい心理テスト>>

14日にTBSで「人間これでいいのだ」という番組をやってた。
なんとなく見ていると、心理テストがあり紙と鉛筆を用意して、
形容詞を書いていくテストで、深層心理が分かるというので、
おもしろいからやってみた。

それは、思いついた形容詞を8個書き出して、
それを順に2個ペアにして、連想ゲームを続け
最後には、ひとつのイメージが残るというもの。
例えば、

おいしい ___料亭
楽しい          __ハモ
美しい  ___京都
ややこしい              ___??   
清々しい ___CD
明るい           __イメトレ
まぶしい  ___水泳選手
さわやかな

・・と上のようにしていき、最後に??の部分に何がくるかです。

面白いので、連絡があったお客さんにやってもらって遊びました。
付き合ってくれそうな人だけだけどね(^_-)。
すると、結構面白い。

TVでは、福沢アナウンサーが「そい寝」だったり、
大竹まことさんが、キャラと違って「静かな時間」だったり。
うふ、私は「グループ活動」となりました。
実は、最後に残ったことが、本当に求めていることだとか、
潜在意識がでているという訳よ~。ふぅ~ん。

試した方、Blogの記事になっていますから、
コメント欄に、やってみた結果を書いてね~。(^^)
>> http://yoshiko.the-xx.com/?eid=380321

──────────────────────────────
|●シュタイナーの言葉

私達が もたらすことのできるものの源泉は

個人のなかにあるのです

|★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''

   ・・・・・・・・後記・・・・・・・・

読書の秋ということか・・
なにやら最近、やたらとシュタイナーをまとめ読みしています。
ぼろぼろになっている著書と、読みが浅くて「新品かよ!」
っと、突っこみたくなる著書もあり、勿体無いですよね。
シュタイナー本が増えたかな?
今回は、シュタイナー書についての質問です。

  ========
  シュタイナーが書いた書物を何冊もっていますか?
  ======== クリックしてね。

1.とりあえず、入門として1冊買ったきり・・・
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?1

2.数冊ですが、熱心に読んでいます!(^-^)v
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?2

3.数冊ありますが、結構きれいなままです。
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?3

4.50冊以上あり、結構ぼろぼろになるほど読んでます。
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?4

5.50冊以上ありますが、結構きれいなままです。
  http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi?5

*クリックで投票できないときは、
 http://the-xx.com/cgi/surveyyuki/survey.cgi で投票お願いします。

前回「シュタイナーの実践を日常生活で使っていますか?」でしたが、

ふとした時に思い出して心がけることがあります。12人
これ!という時に、いつも心がけてることがあります。8人
分かっていても普段は忘れて使えないです。7人
いくつもの言葉を臨機応変に参考にしています。。7人
いくら読んでも忘れて覚えられません。10人

 という結果でした。皆さん、ありがとうね~(^o^)丿
 臨機応変に使い分けている人までいて頼もしいな。
 いくら読んでも忘れるという方にチョットでも残るものが
 書けるといいねんけど・・・難しいね~。でも頑張ります。

 発行人: Active Tarot Reading 佐藤 よし子
 http://the-xx.cocolog-nifty.com/blog/
★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''

解約をご希望の方は、下記の
指示に従って解除手続きを行って下さい。

【まぐまぐ購読登録・解除】
http://www.mag2.com/m/0000014293.htm 
【めろんぱんにて登録・解除】
http://www.melonpan.net/mag.php?005701

■関連する記事■

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

   

 - 雪マガジン・バックナンバー

Translate »