雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

好きこそ長続きのコツ

★2006/4月号★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■
タロット&神智学の智恵 ☆彡
【好きこそ長続きのコツ】
素直な喜怒哀楽【ビデオキャスティング作成】 *:・°
シュタイナーの言葉 ☆彡
後記・・・

□■Active Tarot Reading☆

配信が遅れてすみませ~ん。<(_ _)>
色々トラぶったり新しいチャンレンジをしてました。
その上、伊豆には連夜の地震と余震。。夜が怖かった(T-T)

タロットと神智学の智恵なんていうサブタイトルのマガジンを
初めて発刊したのは、1999年の3月でしたっけ?
ええぇーーーーΣ( ̄□ ̄||)、もうまる7年ですか。
7年間、通して読んでる・・・という方がいらっしゃったら
我が温泉にご招待したいです(笑)。
表現するのは苦手な私ですが、文字でとなると余計に硬くなり・・
ビデオポッドキャスティングの練習してます。しかし
しゃべりは、しどろもどろ・・緊張で目は(¨ )( ¨) キョロキョロ...
アカンわ~
■ポッドキャスティングとは http://the-xx.com/modules/news/article.php?storyid=15

|●タロット&神智学 の智恵
|【好きこそ長続きのコツ】

いつもいつも文字で書きます。何年も何年も書いてきました。
それでも伝えたりないと思うのは、この小難しいマガジンだけど
シュタイナーを楽しく、膨らませてほしいなぁ~
ということなんです。
そうしたら日常生活のふとした瞬間に思い出して
生かせていくべきと思うので、皆さまも頭に残った引用で
自分を改めたり、考えを変えてみたり、希望をもったり・・・
そういうことになってたら嬉しいなと思います。

シュタイナーも神秘学の学徒は楽しみを求めなくてはなりません。
と言っていますね。

新訳:いかにして高次の世界を認識するか P.16 

神秘学の学徒は楽しみを求めなくてはなりません。なぜなら楽しみ
を求めることをとおして、外界は神秘学の学徒のほうに近づいてく
るからです。楽しむことに対して鈍感になると、神秘学の学徒は、
まわりの世界から養分を吸い取れない植物のようにな状態に陥ります。

どんなことも知らなけらば生かせないので、
勉強や読書というのも必要ではありますが、やはり楽しくというのは味噌です。
全然わからない、難しくて眠たくなるとか(笑)お便りを頂きますけど、
「なんか心に残るなぁ、なんか気持ちが良いなぁ、好きだなぁ」
くらいでいいんです。
そういう好きなフレーズから入れば、頭にも残りますし、
また、それで気持ちよくなれば次も好きな言葉がでてきます。
それがぼちぼち続いた暁には、総合的なことが徐々に見えてきます。大丈夫!
って、私もまだまだこれからですから、み~んなで温めていけたらなと思います。
好きになれる言葉をいっしょに探していくマガジンになれば嬉しいです。


今回は、そういうことで私の好きな引用を中心に話してみますね。
今頭に浮かぶのはですねぇ

何が正しのかわからぬうちは、どのような願望ももちえない。。ですか!

これはね、例えば恋愛だったら、
「この人でないと絶対に嫌だとか・・・こんな仕事がやりたい」とか、
今の希望が叶うことが自分の幸せなんだ!って思い込んでる瞬間。
そんな時に、ふとこの言葉を思い出して
「自分にはまだまだ知らないことも多いんだから、絶対これでなきゃ嫌!って考えずにいよう」
・・って、そう思える箇所ですねぇ
そう思うことによって、少し視野を広げることができるでしょYES!
絶対にこれ!と思ってるのは、勘違いかもしれない
と思えて客観的に自分を取り戻せる箇所です。

私がシュタイナー読書で教えてもらったことは
”自分を振り返ること” 昔でいうと、人の振り見て・・です。
言葉の意味はちゃ~んとわかっていますし、よく使う言葉ですが、
案外言葉だけで、「なんであの人はこうなんやろう・・」と、
あきれるくせに、どこかで自分のことは真剣に探求してませんしょんぼり
だから言えるともいう。(笑)
自分も目くそ鼻くそくらいしか変わらへん、と思っていたら、
別の感じ方ができてるはずですもんね。
人の粗探しより、自分の粗探しをしなくてはですたらーっ

だから、つくづく思います!。健さん(高倉健)他、
賢~い人はホント余計なことは言いませんものね。


それに関連して、よく思い出す引用、

新訳:いかにして高次の世界を認識するか P.120
      
もっぱら判断ばかり下している人は、何も学んでいないのである。

・・・あのねぇ、判断しすぎるところがあるんですよ私汗
これはこうやん。これはああやん。みたいに決め付けちゃったり・・
そのときそれは、自分の中では明らかに正しいし、実際に正しい場合もあるんですけど、
シュタイナー的に言えば、絶対に×。NG!
でも正しいと思っている時には、それがマイナスとは気づかない
そんな瞬間に、
いつもいつも決め付けて自分の考えを正当化している人を見たら
遅ればせながら「あぁ、じぶんもそうだ~」と思えて、

「もっぱら判断ばかり下している人は、何も学んでいないのである」
そのまんまだなぁ~と、気付けます。

正しいだけがすべてじゃない。
状況の中の正しくないところからも、人の心情を学べたりとか、
色んな新しい発見ができるということが大事プシュー 自己認識訓練だもんね。
なので、決め付けて納得してしまい、
そのことに興味も探究心も失ってしまうなんて
ならないようにしなくてはです。

その為のひとつの練習が、一日の大切な5分間です。

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか P.37 

毎日、わずかの時間でもよいから、日々の仕事とは全く異なる事柄
の為に費やす時間を確保しなければならない。日常生活から隔離さ
れた瞬間に人が努力するべき事柄は、自分の経験や行動を、自分の
ではなく他人の経験や行動であるかのように見做す、ということで
ある。内なる自己静観の価値は、その時何が観察されるかよりも、
このような不動な心によって開発される「力」が自分の中に見出せ
るかどうかにかかっているのである。

今日のことでも昔のことでも過ぎ去った日のことを思い浮かべ、
それを映画をみているかのように思うのです。
本人は大真面目でも、客観的に見ていて、
「わぁ~、あんなこと言うてるわ、アホ~。」とか、
「あそこは勇気を出すチャンスやったのになぁ~。」って、
自分のことだと忘れて・・思ったりするかもしれませんね(笑)。
・・・というか、他人事と同じに見るようにする意味は
シュタイナー曰く ”できるかどうか” より、
そうしようと続けるうちに、違った力が芽生えてくるという訳です。

そう風に聞くと、こんな感じに思えませんか?
5分間トレーニングで新しい筋肉をつけているようなものやって。
力がつくに従って新たなことが可能になるのです。

前回の「アイデンティティー」という話題にも引用した言葉、

いかにして高次の世界を認識するか P.15 

(新訳:いかにして高次の世界を認識するか)P.15
たとえば美しい山岳地帯を歩くとき、感情が豊かで深い心情を備え
ている人は、感情の乏しい人とは別の体験をします。私たちは、内
面的に体験することによって初めて、外界の美しさにたどりつくた
めの鍵を手に入れるのです。外界とのあいだに内容豊かな関係を育
てていこうと思うならば、私たちはまず自分自身の感情や表象を大
切にすることを学ばなくてはなりません。外界のあらゆる現象は、
神的な壮麗さによって満たされています。
しかし神的なものを外界に見出すためには、私たちはまず、それを
自分の魂の中で体験しなくてはならないのです。

田舎に住んでいても、草花の美しさに気付かない人もいますし、
都会に咲いている雑草の可愛らしさに感動できる人もいますポッ
結局、感じれるか感じれないかは私しだいなんですから、
きっと新しい力が授かれば外界をリフレッシュした視線でみれる
今までと違った発見ができるでしょう。
ちなみに「神的」というのは、叡智の世界・真理の世界という感じです。
取り立てて神様や霊というものを思い浮かべなくても良いですよんSTOP!

5分間トレーニング。
それが結果的に世界に開かれた自分をつくる基礎体力になるのです。
基礎体力もないのに社会的な無理をしても心身症になるだけですよ。
無理はせず、体力に応じてボチボチ進みましょう。
来年になれば、あなたはムキムキになれてるかもよ。(笑)

では、あなたの好きな引用もあれば教えてね。
一緒に話を膨らませたら心に残って応用できますよ~

●引用したシュタイナー著書紹介

いかにして高次の世界を認識するか/柏書房2400円
いかにして超感覚的世界を認識するか/廃刊
シュタイナー選集 いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかいかにして超感覚的世界の認識を獲得するかいかにして高次の世界を認識するか

*検索機能を使えば、以前の引用文も探せますよん。
 本の内容がいっそう分かりやすいです(^-^)

助言を聞いてよかった

■ルドルフ・シュタイナーとは■
1861-1925年。
教育学・医学・農業・建築・社会論などの分野に
業績を残した哲学博士です。
単なるカルトおじさんではなく、ヨーロッパでは
教科書にも乗るほどの人ですので、安心してお読みください。

*;*;+*+ *:*'*+
|●実践経験&素直な言葉 
|<<ビデオキャスティング作成>>

私が購読している、ある人のメルマガにポッドキャスティングという言葉がでてきた。
まず聴いてみた。検索してみた。
私は文字だけでは分かり辛いメルマガが多いので
とりあえずチャンレンジ。意味を覚えるだけで大変でしたが、
大まかなことは理解。カメラを目の前にしたら、普段以上に緊張して
メルマガのように書き直しが簡単でなく、言葉は噛々で文章はめちゃくちゃ。
ビデオは白っぽく画質も悪い。これからもっと勉強しなくては!です。
昔、RSSとか知らない頃にWebカメラを買ってビデオに挑戦しようとしたけど
なんとなく挫折してました。でもXPになってから色々便利になったよう。
道具は揃っていることだし、チャレンジしてみました。だが、

実際にチャンレンジしてみると分からないことが多く、
だからチャレンジしてみて初めて分かった点も多い。
シュタイナーが社会的に何でも実践して経験を促してるのが分かるな。
色んなことをマスターしたら、もっと良くなるのは間違いなしだし、
もっと皆さんと色んなことを共有できるのも間違いなし。
だから空き時間を利用して頑張って行きたいと思います。
今回は、まだまだですが暖かい目で見てくださいね。

目がきょろきょろの練習ファイル
 http://the-xx.com/pod/yuki260419_000.mp4
──────────────────────────────
|●シュタイナーの言葉

 迷う者といえども 真なるものを求めようと努めるかぎり

 自分を間違った方向から引き戻す力をもっている

 発行人: Active Tarot Reading 佐藤 よし子
 http://the-xx.com/
 Blog http://yoshiko.the-xx.com/
★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''

解約をご希望の方は、下記の
指示に従って解除手続きを行って下さい。

【まぐまぐ購読登録・解除】
http://www.mag2.com/m/0000014293.htm ポッ

■関連する記事■

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

   

 - 雪マガジン・バックナンバー

Translate »