雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

成功者の特性

★2004/3月号★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■
タロット&神智学の智恵
【成功者の特性】
素直な喜怒哀楽【Pubzine便りを書いてみて】 *:・°
シュタイナーの言葉 ☆彡
後記・・・

□■Active Tarot Reading☆

お久しぶりです。お元気ですか?
私は何故だか背中のアチコチが痛く
なんだか心配になっているこの頃です(笑)。
ところで今まではシュタイナー実践の
個人的な実践過程で思ったことや、
タロットにも役立つなどと示しておきながら
抜粋的で、理解されるに不充分でした。
HPに、全体的なイメージを書いてみましたので
「そうか!それで役立つってわけか。」 と
チョットでも思って頂ければ幸いです。

|●タロット&神智学 の智恵
|【成功者の特性】

私達がいつも取り戻さなくてはいけないものってナンでしょうか?
忘れているときには、決して楽に気づけず
張りきっているときには自然に発揮しているもの。
きっと成功者や幸運な者は、身につけているに違いありません。

私は、幸運の手立てを、
◆プラス思考(感情コントロール)
◆適切な行動力
◆健全な精神...だと考えています。

クヨクヨばかりしていると疫病神がつくと言いますか、
最初は慰めてくれても、そのうちに
いい加減にして」と思わせてしまうでしょうし、
しんどい時に一時的に落ちこんだり愚痴ったとしても
ある程度で、気持ちをコントロールし
プラス思考に脱する方が良いからです。YES!

しかし都合良くプラス思考だけを唱えても、
ゴロゴロしているだけでは、
自宅に朗報が振ってくるわけでも、
問題の解決が出来るわけでもありませんから
適度に行動しないと運気は開けてきません。

しかし行動する動機が、損得や自己中心ばかりなら
周囲は、そのうちにその本質を察知
表面的には変化を見せなくても、
いざというときには、暖かい気持ちを向けてはくれませんね。

シュタイナーが説いているものにも共通点を発見できます。
彼は、宇宙の進化・社会問題の核心など
その書物を読まれると分かるように、
日常生活での、子供への接し方や社会での苦悩に対しての考え方、
自分に加えられる侮辱に関して、どうするべきか、
体に良い野菜の育て方、バイオダイナミック農法、
薬学、舞踊etc.という、たいへん具体的なものが多く
そして、
●見聞きしたものや主観に振り回されることから脱する考え、
【超感覚的世界】を認識する実践書物が、
いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかなのです。

それらの実践的な過程を卒業するクラスの人に
最終的に示されることが、
「誤解されやすい表現をされている」としながら
次のように書かれています。
いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか P.93

『神秘修行者は神秘教義の秘密を決して他人に
漏らさないという誓いを立てなければならない。』
ここでいう誓いとは、通常の意味での誓いではない。むしろこの進歩の段階に応じたひとつの「経験」をもつことを意味している。その真理内容を主張する正しい仕方・相応しい態度を経験的に知ることが大切なのである。

この場合の真理内容とは、
特定の事柄についての善悪の認識などでしょう。
正しい主張の仕方と、相応しい態度を経験的に知る!
それは、世界情勢を主導する際にも、
一般人として、自己主張する際にも欠かせませんネ。
知っただけではダメで、実行方法が最も大切です。

続き
何について沈黙すべきかということは、
これとは全く別の事柄である。
沈黙すべきなのは、人がこれまでにすでに語ってきた
多くの事柄についてであり、特に大切なのは、
これまでの語り方で語るのをやめて
沈黙するという素晴らしい特性を身につけることである。

アホな犬ほどよく吠える? と言いますが、
近年、私もホントにそのことを考えて来ました。
バカをあまり知られたくないという意図もあるのですが汗
尊敬する方々常に、もっとも謙虚で丁寧な人達だったからです。
その方々のお顔からは、いつも一つ一つのことを
十分に受けとめて考えている姿勢が見てとれ
ホントに素晴らしいのです。
軽率な発言を決してされません。(憧れ☆)

続き
すべては彼自身の責任に任されている。
彼が何を学び、何を行うべきかは、どんな状況の下でも
自信自身によって決定されなければならない。
だから「誓い」とは、
このような責任を担うことができるまでに成熟した、
ということ以外の何ものをも意味してはいない。

長い間、成功を維持している人は、
自分が嬉しいことよりも、周囲に喜んで貰えることをと考えますし、
目標のための努力や行動は惜しみません。
また苦しい事や頭打ちがいくらあっても、
いつまでもジメジメと愚痴ったりせず、
自分の感情をコントロールしています。
誰よりも忍耐強く、涼しい顔をして努力しています。

引用致しますと、
『主張に都合の良い部分のみを抜粋している』と
考えられる人もいらっしゃるかも分かりませんから
(私も、そう考える方なので・・・)
出来れば全文を読まれることが一番です☆

今回は、成功し尊敬を集めている方々が
持ち合わせているものについて書いてみました

●引用したシュタイナー書物
シュタイナー選集 いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかいかにして超感覚的世界の認識を獲得するか
いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか

■ルドルフ・シュタイナーとは■
1861-1925年。
教育学・医学・農業・建築・社会論などの分野に
業績を残した哲学博士です。
単なるカルトおじさんではなく、ヨーロッパでは
教科書にも乗るほどの人ですので、安心してお読みください。

*;*;+*+ *:*'*+
|●実践経験&素直な言葉
|<<Pubzine便りを書いてみて>>

私は、1998年に友人からPC-9821(NECのパソコン)を貰い
ローマ字入力から覚え始めた、超初心者でした。
それ故に、インターネットに集まる人達がみな専門的に思えて、
良くない噂や恐いことへの警戒心が膨らんでしまって。。。。

まもなくHPの運営とメルマガ発刊を始めたのですが
(疑念があるにしては大胆な・・・・(笑)
読者さん達の反応に大変に戸惑う日々が続いていました。
今の今まで。。。。
知らない人間に賛同のメールをくれるなんて、
余ほどネット界に手馴れた人に違いない!
・・・っということは、ヘンに返事をしたら恐いかも?
いや、それよか「返事なんていらないんだよ!」って思われちゃうかも?
っていうか、普通、返事は書かないでデータにすべき世界かもetc.
(冗談じゃなく悩んでた。。。)
次から次へと湧いてくる疑問で、
下さるメールにどのように反応してよいものかに戸惑い、
激励や賛同の言葉にさえ、躊躇躊躇の日々でして。。。
せっかく見ず知らずの私にメールを下さったのに、
あぁ、なんだかよく分からない?中途半端な返礼があったことでしょう。
(一度でも会った人は一刀両断。。。)

しかし苦節4年
昨年の10月からメルマガ配信システムPubzineさんで
Pubzine便りの中の[ゲスト・ライター]をさせて頂くようになり
ようやく解放されました。ホッ。
キッカケは、編集長をされているkenkenさん☆さっすが。
度々、親切なアドバイスを下さったからで大変に感謝しております。

◆メルマガ発刊ということに関わらず、

社会であれ、学校であれ、恋人にであれ、友達にであれ、
周囲に対応するってホンっっっトに難しいことです。
シュタイナー風に言いますと
『怒りや懐疑心などの諸特性をはびこらせると、
相手の魂の流れを見ることを妨げる』 とでも言えるでしょうか?
(余計、ややっこしいってば!)
会社の場合、友達の場合、恋人の場合などなど、
しっかりとした自覚を持った区別を立てて、行動していこうと思います。
ごちゃまぜにするから悩むのでした。解決。

■投稿やお手紙は、匿名で大丈夫☆
 重いもの・軽いもの、何なりとお待ちしていまーす。
 思想を通して悩みの解決と力にできれば嬉しいです。

------------------------------------------------------
|●シュタイナーの言葉

内容を通常の意味で あれこれと思考する必要は 全くない。

内容が人間そのものとして表現され

身体の循環機能のように 人間の中を流れていなければならない。

単に知るだけでなく

飲んだり食べたりするのと同じ生きた行為の中で

全く自然に血肉化しなければならない。

■関連する記事■

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

   

 - 雪マガジン・バックナンバー

Translate »