雪の重さに耐える愛する心

シュタイナー実践、気づけば30年間近「マジか?」

人間の熟成は漬物と似てる

★2014/3月号★雪の重さに耐える愛する心 ■□■□■

☆彡
タロット&神智学の智恵
【人間の熟成は漬物と似てる】
*:・°
シュタイナーの言葉 ☆彡
実践経験&素直な言葉
【根野菜過多に注意】
■□■Active Tarot Reading☆

人間の熟成と漬物・・・
ふざけてるのか真面目なのか分からないかもね(笑)。
そういう人なのだ。あきらめて(*^_^*)

●タロット&神智学 の智恵
【人間の熟成は漬物と似てる】

この書物の最初「まえがき」に書かれていることが↓

|引用___、いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか

ここに記された道を歩むつもりのない読者も、自分の内面生活に
とって有益な事柄、例えば生活に役立つ諸規則や、謎としか思え
ぬ事柄に出会ったとき、それをどう理解したらいいか等々の示唆
を本書の中に見出すであろう。
そして豊かな人生経験を積み、人生の様々の側面の奥義に通じて
いる人は、自分で個々に理解してきた事柄が自分自身にも納得で
きる仕方で統一されるのを知って、或る満足感をもってくれるで
あろう。
|------------------------------------------------------

諸外国との問題もそうですし、個々人の問題もそうです。
身近なことから、シュタイナー実践で書かれている真実が
「なるほど」と心から納得できる例がたくさんあります :heart1:
そういう実践的なことが大切なのは、彼も書いているとおり。

|引用___、いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP.80

困難な生活状況の中で不動の内的平静を保持し続ける努力が必要
なのである。そして善なる力を信頼すること、それを人生の中で
学び取らねばならない。(略)特に、思想生活のもっとも深い部
分にこの勇気と大胆さがなければならない。「失敗してしまった。
しかしそれを忘れてしまおう。そして何事もなかったように、新
しい試みを始めよう」そう考えることが常にできなければならな
い。彼はどんな状況の中でも未来に向って生きることができなけ
ればならない。過去のどのような経験も未来への努力を妨げては
いけないのだ。
|------------------------------------------------------

現実は魂の目さえあれば悟れることに満ちているとわかります。
けれど、それを無にしてしまうのが反感というものです(; °°)
失敗には色々なことがありますね。仕事の失敗とかでなく、
自分で「あぁ、失敗した :ase: 」と思う判断は、日常に沢山ある。

自分の態度や発言から、招いてしまう面倒な現実とか、
自分の手抜きから招いてしまう周囲の評価とか、
小さなことは、ありすぎるくらいあります(笑)。
しかし、そこを認めずに苛立ちが先立つこともあるよね?
上の引用は、そういう心の問題について書かれているのよ。

苛立とうが、凹もうが、悲しもうが :!!:
そんな自分の心の問題、特に反感を克服するために、
私がすることは『考えを温めるとか待つ力』と呼べるかも。
それで必ず魂にが戻ってきて、悟るキッカケがでるのです。
「佐藤さん、良い人ぶってからに」とかじゃないよん。
自分にとってプラスだからしているの。絶対に良いのよ。
これをしていれば、周囲に好かれたいとか余計な努力は不要。

魂に力があれば、健やかな現実が出てくるのは十分経験できた!
その、考えを温めるとはネd(^_^o)

|引用___、いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP.121

もっぱら学び続けようとする意志が問題なのである。
理解できないことに出会ったなら、それに対して否定的な態度を
とろうとせずに、むしろ全然判断を停止した方が良い。そして、
理解を将来に残しておけばよい。ただ一つの意見を持つことがで
きるためには、努力と敬虔な態度を通して、真実を本当に洞察で
きるようにならなければならない。十分なる準備をせずに、自分
勝手な考えや思考習慣などに従って判断する者は、真実から外れ
た見解に行き着かざるを得ない。
|------------------------------------------------------

このような説明は、著書に何度も形を変えて出てきます。
それくらい大切であり、それくらい大切だと伝えたいからでしょう。
だから、文面だけを読むのでなく内容を受け取ることが大事。
判断を下してしまう前に、もう一度考えてみる気持ちのゆとり :lucky:
それが持てるか否かで、人間的レベルや成長の伸びしろが変わる。

つくづく思うのですが・・・
シュタイナー実践をしていなかったら、今の私はない。
今の私というのは『物事を保留に出来る私』です。
ぬか床をかき混ぜて日々、熟成させていくように
適度にかきまぜては、寝かせて様子を見ます。

「イライラしている自分を寝かせて様子見」するのです。
最初は、言われたことに腹を立てて、気づくと
空想仕返し物語を脳内で繰り広げますが、その都度やめます。
良い出来にしたいなら、自然の力に任せて寝かせる努力をするの。

|引用___、いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP.113

例えば私が教育者であったとしよう。ある生徒が私の要求に応じ
ない場合、その生徒に自分の感情をぶつけるのではなく、この子
の不十分な点は私自身の行為の結果なのではないかと問うべきで
ある。そうなれば、その生徒が私の要求にもっとよく応えてくれ
るようになるためには、今後私自身がどういう態度をとったらい
いのか熟考するようになるであろう。
例えば一人の犯罪者に対しても「もしも私を教育してくれた人が
その同じ努力を彼のために用いていたとすれば、この人にも別様
の生き方ができたに違いない。」私の長所がまさに彼には与えら
れなかった幸運に負っているということに考えが及ぶ。
|------------------------------------------------------

大きな出来事も小さな出来事も同じ!
しでかしてしまった人と、そうでない人の相違点は、
しでかす前に、自分の中で考えを温めなおす力のあるなしです。
もし、それさえあれば思い切ったことをしてしまう前に
必ず歯止めになる『出来の良い発酵』が出来るはずなのです :aseri:
別の考えを見出し、生産的な行動を取る道もあったのですよ。

引用は、有意義で納得できる結果に自分が辿り着けるよう、
ぬか床に塩や唐辛子を入れて、より美味しく仕上げるみたいに
多角的な考え方を取り入れながら、結論を急がず待つ力の意味です。
すべては、自分の魂の力を育てる行為として書かれているのよね。

|引用___、いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP.58

一定の期間、自分とは正反対の思想に耳を傾け、自分の内部の一切
の賛成、特に一切の否定的判断を完全に沈黙させる行を自分に課す。
一切の合理的な判断を沈黙させるたけでなく、拒否や反感または、
賛同の気持ちをも沈黙させることが大切である。
例えば、何らかの意味で自分より劣ると思われる人の発言に耳を傾
けながら、あらゆる種類の優越感や知ったかぶりを抑制することが
必要なのである。このような態度で子供に接することは誰にとって
も有益である。どんな賢者といえども子供から無限に多くのことを
学ぶことができる。
|------------------------------------------------------

これらは、本当の意味で人を育てる当たり前のことです。
だって私たちの魂を育てて、認識力を芽生えさせる書なんだもの。
つくづく実感することは・・・
不愉快なことを引き起こす人は、どこでも何度でも起こします。
気分を表に出してしまうのだから危険極まりない(^_^;)
ぬか床にいったん収めることなく、自己を出してしまうのだから・・。

「あなた、本当に素晴らしいわ」と賞賛したいことですら、
ぬか床にしまったほうが良いのは言うまでもありませんが、
否定的なことなら尚更トラブルの火種になるのですもん。

近隣の社交場で、些細なトラブルを生じさせている人は、
時間帯を変えようが、友達を捜し求めようが、
結局は同じようなことになるのを目の当たりにします。

|引用___、いかにして超感覚的世界の認識を獲得するかP.119

不正な事柄にもそれを善き事柄へ転化させうるような契機を見出
そうと努めるべきである。悪意に対するもっとも正しい戦い方は
善意を実現することにある、ということがますます明瞭に認識さ
れてくる。無からは何も生じえないが、不完全なものはより完全
なものに転化されることができる。創造への傾向を自分の中に育
てる者は、不正なものに対して正しい態度をとる能力もやがて、
見出すであろう。
|------------------------------------------------------

それは外交でも、知人関係でも、根本は同じ。
国益にしても、自分の益にしても、要は自己主張の方法です。
気にさわる。・・・でも、ぬか床に放り込むように待ってみる :kira:
その間に、気に障るけど悪くない面もある。そういう見方をする。
そこから、どう熟成してくるのか自分の魂の力を見てください。

・気に障る部分
・悪くない部分
それらは、塩や唐辛子のような上質の漬物の必須アイテムです。
そんな発想をかき混ぜながら「答えが見出せる」まで温める。
すると、生まれてきますよ。思いもよらぬ良い出来の答えが!

これは、単なる気休めの例えではないのですよ。
本当に実行したなら、誰にでも間違いなく生まれてくるのです。
あなたの魂の熟成を信じてください。
犯罪者とあなたは違うかもしれませんが、でも!
素晴らしいことを成し遂げた人との違いもそこなのですよ☆彡

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あなたの熟成をGolden Dawnが助けます!
ぷちタロ講座 http://putitaro.the-xx.com

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

●引用したシュタイナー書物

*いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか

■ルドルフ・シュタイナーとは■
1861-1925年。
教育学・医学・農業・建築・社会論などの分野に
業績を残した哲学博士です。
単なるカルトおじさんではなく、ヨーロッパでは
教科書にも乗るほどの人ですので、安心してお読みください。

──────────────────────────────
|●シュタイナーの言葉

霊的世界の中に 人間の自我意識があるというのは

意味のないことである 人間的な意味で自我という言葉を

霊的世界の存在に適用することは 無意味なことである

★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''★:*:-''☆:*:-''
●実践経験&素直な喜怒哀楽
【根野菜過多に注意】

今日の話に関連したことなのですが・・・ちょっと思い出した。
そういや、というのは体内で作れず
必ず、外から取り入れないといけません。けれど・・
それが栄養かというとシュタイナーがいうには単なる刺激。
への刺激です。そのためにシュタイナー実践では、
植物のに含まれる塩分が脳の刺激になると説くの。
・・・だけど大問題がある :muni:

塩分が刺激するのは、悟性を司る脳だけ。
塩分の多い食事は、理屈や物質的なことに偏る原因に!
困ったことに化学肥料の時代になり、作られる野菜は全て
有機肥料を使っていたときに比べ、根が発達する。
葉や実の栄養価は低下し、野菜を食べたとしても
その影響は、脳ばかり刺激するようになるとのこと。

同じホウレン草でも、有機栽培と科学肥料を使った物では、
栄養価が全然違うという調査結果もTVで見たことがある。

スパイスも同じく脳への刺激ということなので、
よく見てみるとを育てる環境は、すごく少ないのです。
だから、魂を育てるよう意識しないことには、
表面的なことばかりが目に付いてしまうのが自然の成り行き。
各自が意識して自分を育てないことには難しい時代です。

塩分は土の中で育つ野菜に多く含まれます。
しょうが、大根、人参、玉ねぎ、ごぼうは少量でよい。
有機栽培の葉物野菜や果物を多く取り入れるとバランスよし。

解約をご希望の方は下記で解除手続きを行って下さい。

【まぐまぐ購読登録・解除】
http://www.mag2.com/m/0000014293.htm
【めろんぱんにて登録・解除】
http://www.melonpan.net/mag.php?005701

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Active Tarot Reading    http://the-xx.com/
--------------------------------------------------------
┏雪の重さに耐える愛する心 http://yuki.the-xx.com/
┏ぷちタロ講座       http://putitaro.the-xx.com/
******* 佐藤 よし子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■関連する記事■

*著書名で検索して引用を参考に購入を!

      2014/08/14

 - 雪マガジン・バックナンバー

Translate »